世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスイブに『アウトランナーズ』をプレイした思い出
kyousitu.jpg
(↑画像の学校は本文中の学校と何の関係も無いですたい)

高校時代、僕はあまり女子と接触を持たないはじっこ系男子でした。
当時、僕と同じ様な人間であった友人と「高校に入学してから女子と喋った時間」
をおおまかに計算してみたところ、確実に1時間には満たないであろうという
ことを自嘲気味に話していたぐらいでした。

そんな僕にある日、同じクラスの女の子が「タダ券あるから一緒に映画、見に行かへん?」というお誘いを繰り出してきました。
別に採りたてて仲が良かったわけでもなんでもなかったのですが、
文化祭で一緒に仕事をさせられているうちに挨拶ぐらいは交わす関係に
なっていた娘でした。
先に申し上げておきますが、可愛い子でもなんでもないです。
普通よりちょっと下…。

『僕は皆を裏切らない、皆も僕を裏切ってはならない』 ニチオク(2009年12月24日)

それはともかく、
「ああ、コイツ僕に惚れたな…?」といういやらしい推測に後押ししてもらって
僕はその娘と映画に行く約束をしました。

しかし、内向的な僕にはその日が近づくのが楽しみにはならず、
むしろ食事がのどを通らない日が続きました。
その日が来るのがなんとも恐ろしく、最終的には精神的に打ちのめされて
帰ってくるのではないか、という不安が付きまとっている嫌な日々でした。

しかし嫌でもその日はやってきました。12月24日クリスマスイブ、最寄の駅で
待ち合わせたのですが、僕は不安だったので30分も早く待ち合わせ場所に行きました。
しかし、相手の娘は既に待ってました(笑)。
今思えばなんともいじらしい娘じゃないかと思うのですが、その時の僕は
「早いわ!負けたわ!(笑)」と突っ込みを入れるのがやっとでした。
こっちも必死でした…。

タイミングよく電車が着たので、電車に乗って難波に向かいました。
電車の中でどんな話をしていたか全然覚えてないんですが、
くだらない話だったという感触だけは覚えてます。
無理にテンションを上げて喋ってました(笑)。

namba-takasimaya.jpg

難波に着き、彼女が持ってきたタダ券を持って二人で映画館に行くと、
満員で3時間待ちだと言われました。他の映画にすることも考えたのですが、
そのタダ券が有効なのはその映画館ぐらいで、見ようと思っていた映画のほかには
幼児用の映画みたいなのしか無く渋々3時間待つことにしました。
僕は「帰りたいなあ…」と思ってました。

当然デートなわけですから、その間も楽しませなくてはならないのが僕には
なんとも苦痛でした。好きじゃなかったんでしょうね…、その娘が。
そういう気持ちを感じ取ったのか、その娘は「ゲームセンター行こう?」と
切り出してきたんですが、僕は心の中ではあまり乗り気ではありませんでした。
と言いますのも、女の子に自分の中の「ゲーム」という部分を触れられるのが嫌で、
なんと言いますか、「マスターベーション」を覗かれるような感覚があり
うまく言い表せられない嫌悪感があったのです。

アウトランナーズ筐体
なにわともあれ、難波の繁華街にあるゲームセンターに着きました。
店内に入って開口一番、「このゲームやろう!」と彼女が言ってきたのが
「アウトランナーズ」でした。
「時代はとうにポリゴンに突入しているというに、なかなか渋いチョイスだな…」
と思いました(笑)。でも嬉しいとかそういう気持ちは全然ありませんでした。
むしろ気恥ずかしいと言いますか、見透かされたような気がしてしまいました(笑)。

アウトランナーズ

コインを200円投入し二人で対戦プレイしたんですが、この時ほど自分で
自分を演じながらゲームをプレイしたことは人生の中で無いかもしれません。
そのぐらい上の空といいますか、心のどこかでゲームが好きだということを
悟られたくないと思っていたのかもしれません。
思春期ならではの意味の無い虚勢、うちのブログを見ていただいている方なら
心当たりあると思ってます(笑)。

「ゲームなんて大して興味ないんだよ」という風を装いながらも、
芸人魂に火がついて、「いきって車を運転するヤンキー」の声帯模写を
披露したりしてました。アホです。
ここが一番泣けるところなんですが、デートの間中、その娘の方は凄く
楽しそうにしてましたし、よく笑ってくれてました。
僕は無理して楽しそうにしてましたが、心の中では凄くさめてました。
なんなんでしょうね…僕って…。

トップ画像6

そんなこんなで3時間が過ぎ、映画館に入りました。
暖かくて居心地のいいシートに深く座ると、
「はあ…、やっとこれでゆっくり出来るわい…」と思ってリラックスしました。
ふと、その娘が隣の席で上着を脱いでいるところを見ると、わりと体のラインが
くっきりと出るセーターを着ていて、大きめの胸が強調されて僕の目に映りました。

「おっぱい大きいねー…」心の中でつぶやきました。
それまでの面倒くさい感から解放されたからか、映画は凄く楽しめました。
なにより、この映画が終わったら帰れるんだと思うと凄くテンションが
上がってきて、なんだかハイな気分になりました。

難波

映画館を出ると、映画が面白かった事もあって話が弾み、
夜の街のイルミネーションも凄く綺麗でなんとなく二入ともテンションが上がり、
二人で手をつないでふざけて走ったりしてゲラゲラ笑ってました。
周りから見ればかなりいい感じのバカップルだっただろうと思うのですが、
僕の心の中は「帰れる!」という嬉しい気持ちの一点張りでした。

僕はその時まで、
「女の子とHする時ってどういう雰囲気でそうなるんだろう…?」と
思っていたのですが、その時、僕は生まれて初めて
「この空気はHにつながる空気…」という感覚を経験しました。
まあ、でも結局はそのまま家に帰りました。そんなもんです。

「とりあえずはそれなりのデートが出来た!」という安堵感を感じつつ自宅に着くと、
僕はメガドライブをおもむろに取り出してきてメガドライブ版の『アウトラン』をプレイしだしました。

OutRunmegadora.jpg

一人で他人の目を気にすることなく『アウトラン』をプレイしていますと、
なんともいえない幸せに包まれ、心ゆくまでゲームが出来ることの喜びを再確認しました。
「自分はやっぱり一人の方がいいかな…」という内向的な気持ちのまま、
その年のクリスマスイブは終わっていきました…。


それから色々あって、結局その娘とはお付き合いしなかったんですが、
その後普通に女の子と付き合えるようになると、そのときのデートがなんとも
恥ずかしいデートだったような気がしてきて、
ちょうど今のようなクリスマスシーズンになると「必死に自分を隠そうとしていた自分」を不意に思い出すようになりました。
でも、そういう時は小さい声で「あー…」とか言って自分をごまかします…(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

近所のプラモデル屋
子供の頃、家の近所にあったプラモデル屋が少し変わったプラモ屋で
店の隅で中古ゲームソフトを売ってるお店でした。

そこまでなら他にもあると思うんですが、
そのお店のおかしなところは中古ゲームソフトの売り方で、
ゲームを買い取らずに売るんです。
それだけでは何がなんだか分からないので説明しますと、

子供がゲームを持ち込む
       ↓
その子供自身が店頭価格を設定
       ↓
他の客に売れれば店頭価格の2割を店が取り、
残りの8割が子供の取り分

例えば、子供が自分のゲームを1000円で売りたいと
言って店まで持ってきたとすると、お店が1000円の値札をつけて
そのゲームを店頭に並べます。そして、そのゲームが売れたら
200円を店が取り、残りの800円を子供が受け取るというわけです。

つまり、子供がプラモデル屋の店舗を借りて他の客にゲームを売り、
その売り上げからプラモデル屋が場所代を取る
という凄い商売をしてました。

しかし、子供の方も凄くて、極力安い値段でゲームを仕入れてきて
2割を店に取られてもまだ利益が出るように売り、
月に数万円も稼ぐ豪傑もいました。

今考えるとよく問題にならなかったなと思います。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。