世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪マイナーレトロゲームスポット探訪ツアー 第3スポット 店名が分からないゲームセンター  (大阪市平野区)
hirano111
大阪市平野区の平野中央本通り商店街にある、
「店名が分からないゲームセンター」にやって参りました。
いや、だって本当に分からないんですもの(笑)。
どなたかご存知の方おられましたら、ぜひ教えてくださいませ。

hirano112
店舗前。チラリと中を覗くと…、ありますね、ありますね。
さっそく入ってみる事にしましょう。

hirano114.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
入ってみてビビリました。内装は「あうとばあん」級のレトロさです。
大阪にまだこんなゲームセンターが残っていたとは…!
しかし、「S11Kvsカブコンカオス」とか…?これは、あれでしょうか…、
「インド人を右に」的なものでしょうか…。

hirano115.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
ゲームの方は『大魔界村』、『大工の源さん』、『所さんのまーまーじゃん』、『首領蜂』、などが置いてありました。全ゲーム1プレイ20円です。

hirano113
1986年にセガから『ダンプ松本』と併せて発売されたセガ初のシティタイプ筐体
『シティキャビネット』です。現在貴重な筐体だそうです。
そしてその中には『大魔界村』。た、たまらない…!
久しぶりに『大魔界村』をゲームセンターでプレイしました。
潰れる前の「Qティー」以来でした…。


そんなこんなで、「大阪マイナーレトロゲームスポット探訪ツアー」は今回で終了です。
お付き合いいただきありがとうございました!
新たなマイナースポットを見つけたら、またこんな感じでやりたいと思ってます。
スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

大阪マイナーレトロゲームスポット探訪ツアー 第2スポット「ゲーム喫茶 ヤングマン」  (大阪府東大阪市)
花園1
近鉄奈良線「河内花園駅」までやってきました。なかなか独特の雰囲気があるところです。

花園2
河内花園駅のすぐ隣には花園商店街があるのですが、これがまたレトロで素晴らしいです。でも、今日、御紹介させていただくのはそれじゃないです。

花園3
このすぐ近くの線路際にとんでもなくレトロなものがあって、それを今日は御紹介させていただこうと思います。

ヤングマン1
はい、来たこれ!!「ゲーム喫茶 ヤングマン」!
ほら、見て見て!瓦屋根!瓦屋根!(笑)

ヤングマン2
店舗自体は閉じてしまっているのですが、この外装は、もともとレトロな街の中でも一つ異様な雰囲気を出しています。
ネットで調べても一切情報が出てこず、ぶっちゃけ地元の人間しか知らないと思います。

ヤングマン3
普通の住居の間に、完全に時間の流れを無視して70年代のものではないかと思われるほど古いゲーム喫茶の店舗が残っています。完全に世間から無視され続けて数十年、姿を変えず存在していると思うとゾクッとします。いいですね。

ヤングマン4
店舗に比べればまだ新しいと思われる自動販売機の堂々たる100円っぷり。
払い戻しのレバーも懐かしいです…。

ヤングマン5
ホロ屋根をチェックしてみようと覗いてみたんですが、この雰囲気…。民家…。
お、お婆ちゃんのにおいがする…。

ヤングマン6
30年ぐらい前にここでちょいとインベーダーゲームをやって、この光景を見ながら帰っていった人がいたのかもしれませんね…。

ヤングマン7
店舗の裏側に回ってみました。
ご…、ごいす~…。
凄いことになってますね…。

ヤングマン8
「ゲーム喫茶ヤングマン」を後にしました。
ちょっと分かりにくいですが、画像の中心よりちょっと右の
建物に挟まれた感じのそれが「ヤングマン」です。
現在ではまず見ることの出来ない70年代風のゲーム喫茶を、
外装だけでも変わらない姿で目の当たりに出来るのはちょっと嬉しいです。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。