世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カプコンの『U.S.NAVY』
下の画像は1990年にアーケード用ゲームとして発売した
カプコンの『U.S.NAVY』の当時の広告です。

まだ「不良の溜まり場」の匂いを残していた当時のゲームセンターで
このゲームを初めて見かけたとき、その重厚なグラフィックから
「これは、大人のゲームだ…」と感じ、このゲームを平然とやる事で
大人に一歩近づけるのではないかと胸を高鳴らせながら
プレイしていたという思い出すだけで「あー…」という声が出てしまうほど
恥ずかしい思い出があるゲームなのですが、
ゲームそのものは本当によく出来ていて、当時人気のあった
『ファイナルファイト』や『マジックソード』と比べてもなんら遜色のない
完成度の高いゲームでした。

しかし、そんな高い完成度を誇るゲームであるにもかかわらず、
このゲームはなぜか家庭用ハードに一度も移植されたことが無く、
そのことに関して僕は今日まで「?」の気持ちを抱き続けてきました。


移植されなかった理由を勝手に想像してみますと、

1990~1995年まで↓
直後に起こった空前の格闘技ゲームブームのあおりで
シューティングゲームの売り上げが下がったため。
(当時他のメーカーも確かにシューティングゲームを
 作ることに対して及び腰になっていた感があります。)


1995~2000年まで↓
アンソロジー系のゲームが各社から出だし、その流れにカプコンも
乗ったのですが、発売するならまずパックにするであろう
同様のゲーム『エリア88』の原作との権利関係がややこしかった。


2000~現在まで↓
知的所有権の明確化が進み、実在する戦闘兵器が登場する為、
その権利関係までややこしくなってしまった。

めちゃくちゃ適当に考えたんで根拠も糞もないのですが、
こんな感じなのではないかなあと思っています。

『U.S.NAVY』

後から気付いたもっと重要な理由
 
スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

餓狼伝説(SFC) 最初に発表された画面写真
ストリートファイターIIとは違い、そんなに話題にはならなかった
スーパーファミコン版『餓狼伝説』の最初に発表された画面写真です。

このゲームもストIIと同じく最初に発表された画面よりも
綺麗な画面がその後どんどん発表されていき
期待は確実に高まっていったのですが、完成したものは、
ストIIとは比べ物にならないほどひどい出来でした。

当時、そのあまりの出来の悪さにファミリーコンピューターマガジンが
特別にコラムを設けて批判していたのを覚えています。
しかし、批判を載せたのは発売後で、しかも自社(徳間書店)の
攻略本が出版された後でした。

アーケード版の餓狼伝説に近いものが出来ているに違いないと信じ、
発売日当日に買った当時の餓狼伝説ファンは僕と同じく
相当ショックを受けたと思います。

餓狼伝説(SFC)開発中画面

テーマ:スーパーファミコン - ジャンル:ゲーム

ストリートファイターII(SFC)最初に発表された画面写真
今から17年程前に、ゲーム雑誌に最初に発表された
ストリートファイターII(SFC)の画面写真です。

当時のゲームファンが皆、その移植度に注目する中、
カプコンが発表した画面写真は
「一つのゲーム雑誌につき一枚だけ」というものでした。

僕はこの画面写真が欲しくて同じ週に本屋で2誌買い、
家に帰って見惚れてたという気持ち悪い子供でした。
でも、そのぐらい当時の子供に期待された
ゲームソフトだったんじゃないかなとも思います。

最初、この写真を初めて見たときにはグラフィックが
アーケード版と比べると相当劣ることから、
「これはあまり期待しないほうがいいかも…」
と思ったのを覚えています。

しかし、その後ゲーム雑誌に発表されていった画面写真は
この写真よりも美しいものが多く、
カプコン的にはあまり自信のない画面写真を先に発表しておいて、
その後、だんだんと綺麗な画面写真を発表することで
ファンの期待を高めていこうと思ったのかもしれません。

↓ファミ通に一枚だけ載った画面写真
ファミ通に載った写真
↓ファミマガに一枚だけ載った画面写真
ファミマガに載った写真


テーマ:ストリートファイター - ジャンル:ゲーム

『超魔界村』の開発中画面 その2
これも同じく17年程前のゲーム雑誌に載っていた
『超魔界村』の開発中画面です。

オープニングのワンシーンなのですが、
背景が製品版と大分違いますね。

↓開発途中版
『超魔界村』開発途中2
↓製品版
tyoumaka16.jpg

開発途中版は壁の模様や柱のつくりもいいかげんで、
真ん中のガラスは5面の背景の氷柱を使いまわしています。

しかし、この赤いモンスター(前々作のサタンに似ていますが)は、
オープニングだけ出てきて、その後一切出てこなかったんですが
元々オープニングのためだけに用意されたキャラクターだったのか、
それとも容量の都合で削られたキャラクターなのか
17年前からずっと気になってます。

テーマ:魔界村 - ジャンル:ゲーム

『超魔界村』の開発中画面
17年程前にゲーム雑誌に載っていた
カプコンの『超魔界村』の開発中の画面写真です。

下側にいる緑色のモンスターは
製品版では削られていたので、
今となっては珍しい画像なのではないでしょうか。

超魔界村(開発中)

テーマ:魔界村 - ジャンル:ゲーム

昔のゲームセンター
僕が子供の頃、よく行っていた小さなゲームセンターに
「永久追放システム」と呼ばれるものがありました。

そのゲームセンター内で問題を起こした子供は
そのゲームセンターに二度と入れないというもので、
一度店長に永久追放認定されてしまった子供は
壁に名前が貼り出されるというものでした。

普通に遊んでる分には何も問題なかったのですが、
一度、メダルゲームにパンチを食らわした子が
店長に胸ぐらをつかまれ、
「永久追放すんぞ!!」
と怒られているのを見かけました。

この「永久追放すんぞ!!」という言葉が
見ていた子供達に妙にささってしまい、
「永久追放すんぞ!!」が
当時、学校で大流行しました。

子供って時々タチ悪いですね…

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

近所のプラモデル屋
子供の頃、家の近所にあったプラモデル屋が少し変わったプラモ屋で
店の隅で中古ゲームソフトを売ってるお店でした。

そこまでなら他にもあると思うんですが、
そのお店のおかしなところは中古ゲームソフトの売り方で、
ゲームを買い取らずに売るんです。
それだけでは何がなんだか分からないので説明しますと、

子供がゲームを持ち込む
       ↓
その子供自身が店頭価格を設定
       ↓
他の客に売れれば店頭価格の2割を店が取り、
残りの8割が子供の取り分

例えば、子供が自分のゲームを1000円で売りたいと
言って店まで持ってきたとすると、お店が1000円の値札をつけて
そのゲームを店頭に並べます。そして、そのゲームが売れたら
200円を店が取り、残りの800円を子供が受け取るというわけです。

つまり、子供がプラモデル屋の店舗を借りて他の客にゲームを売り、
その売り上げからプラモデル屋が場所代を取る
という凄い商売をしてました。

しかし、子供の方も凄くて、極力安い値段でゲームを仕入れてきて
2割を店に取られてもまだ利益が出るように売り、
月に数万円も稼ぐ豪傑もいました。

今考えるとよく問題にならなかったなと思います。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

禅の境地で『3』を待つ
昨日紹介したアウトランの筐体は特殊なものだったので
今日はスタンダードな筐体の画像を貼るつもりだったのですが、
普通の画像じゃなんとなくつまらない気がしたので、
「ゲームの中のアウトラン筐体」の画像を貼ってみました。

パッと見て、すぐになんのゲームの画像か分かってもらえる方も
おられると思いますが、紹介しますと
これはセガ・ドリームキャストのゲーム『シェンムー2 』の一シーンで、
ゲーム中の香港のゲームセンターに置いてある
アウトランの筐体です。

80年代に日本で出回ったアウトランの筐体は
基本的にこのタイプが多かったようです。
当時ゲームセンターでよく見かけたという方も
多いんじゃないでしょうか。

『シェンムー』シリーズはアウトランに限らず、スペースハリアーや
アフターバーナー2、ハングオンなどといった名作筐体ゲームが
遊べるだけでなく、CGで忠実に再現された筐体まで出てくる
類まれなゲームで、今となっては見かけることも
ほとんどなくなってしまったゲーム筐体をジーっと眺めることが
出来るという、レトロアーケードゲームファンにとってはそれだけでも
意味のあるゲームです。

まして、80年代が好きで、レトロゲームが好きで、格闘技が好きな
僕にとっては願ったりかなったりの素晴らしいゲームです。

アウトラン筐体in莎木2

テーマ:シェンムー - ジャンル:ゲーム

阪神百貨店屋上のアウトラン (大阪)
1986年のセガの大ヒットレースゲーム『アウトラン』の筐体です。
当時日本に出回った大型筐体はだいたい2タイプあったらしいのですが、
これはそのどちらとも違う珍しいタイプの筐体です。

そんな珍しい筐体が梅田阪神百貨店屋上のゲームコーナーにあります。
もしかしたら現存するのは世界でもこれ一つだけかもしれません。

時々、撤去されていないか心配になってチェックしに行きます。
つい最近行ったときもしっかり稼動していました。
いいですよね、この存在感。

アウトラン
(↑画像はクリックしていただければ拡大表示されます)

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

ドラクエVI クリアしました(ネタバレ注意)
先月の24日に199円で買ったドラクエ6をクリアしました。

難しかったです。でもおもしろかった!

ラスボスがびっくりするほど強くて何度も全滅しました。
前作のドラクエ5よりもクリアするのに時間がかかった気がします。

クリア時のパーティは
主人公(LV39)、ハッサン(LV39)、アモス(LV35)、ミレーヌ(LV37)
終始アモスのハッスルダンス頼みのラスボス戦でした。

RPGがヘタな僕がこんな難しいゲームをクリアしてしまった、と
心打ち震えております。

しかし、ドラクエがある生活っていいですね…。
発売時に行列が出来たりする理由が本当によく分かりました。
【続きを読む】

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

なんとなくティナ・ターナー
ティナ・ターナーがジャンピン・ジャック・フラッシュと
イッッ・オンリー・ロックンロールをメドレーで歌う
というただそれだけの動画なのですが、
ぜひ見ていただきたくて紹介します。

見所

1、最初、ティナ・ターナーがどういう風にステージに
  登場するかいろいろ想像してから見る。
  (彼女はその想像を確実に超えてきます)

2、1:28からの間奏での、ダンスなのかステップなのか
  よく分からないけど凄い動き。

3、1:50でイッツ・オンリー・ロックンロールに格好よく
  メドレーしていった直後の、あまり見たくないティナ・ターナーの
  男らしい半裸のアップ

4、なぜか冷淡な観客。

少しでも楽しんでいただければ光栄です。

テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

Myパワースポット
先日、初めて「パワースポット」という言葉を
TVの特集で知りました。

自然などのエネルギーが集まる場所(風水的な意味で)
ということだそうです。

要は元気がもらえたような気になれる場所
という感じみたいなので、私的に勝手に
大阪梅田の「阪神百貨店屋上」をパワースポットに認定したいと思います。

都会のど真ん中にありながら、台風の目のようにおだやかに
他に影響されることなく80年代そのままの形を残した貴重な場所です。

「あの頃はよかった…」「子供の頃に帰りたい…」
と普段から考えておられる方はぜひ行ってみてください。
懐かしい雰囲気が待ってますよ。

梅田阪神百貨店屋上
(↑画像はクリックしていただければ拡大表示されます。)

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

奈良公園
奈良公園に行ってきました。

子供の頃に遠足で一度来た事があったのですが、
あまりにも素晴らしいところなので感動してしまいました。

子供の頃遠足で行った場所って
大人になってからもう一度行った時の方が感動しませんか?

子供にはもったいないような場所を
学校が選んでくれていたということでしょうね…。

奈良公園

テーマ:庭園・公園 - ジャンル:写真

八百長
大相撲に八百長があるかないかという問題以上に、
TV各局がこの問題を扱うときに、
相撲協会にとって都合の悪い部分は省いたり、
都合の良いコメンテーターを用意して喋らせたり、
といった、相撲協会の片棒を担ぐような報道を
している事の方が問題だと思います。

つい最近には「暴行死」、「麻薬」、過去には「怪死」、
などといった問題を起こしてきた組織に対して
最初から批判的に報道する気がないのが怖いです。

たかだか相撲協会などという一興行をまとめる組織に対してすら
こうなのですから、このレベルで政治や世界情勢を報道していると
思うと、ゾッとします。

今回、ちょっとだけ真面目になってみました(笑)

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

「一行ちゃん」by Dragon Ash ボーカル
古谷一行さんや木の実ナナさんが出演されている
『混浴露天風呂殺人事件』シリーズが放送されていると、
なぜか見てしまっている自分がいるのですが、
以前からあのドラマで気になっていることがあります。

それは、あのドラマを見ている人の年齢層です。

というのも、割と最近にやってた、シリーズの一シーンに
こういうものがありました。

古谷一行さんと火野正平さんが露天風呂に入っていると、
ありえないぐらい胸を放り出した女子大生のグループが
入ってきて、二人をけなし始めます。


女子大生「おじさん達キモーい!」

古谷一行「キモいってなんだね?」

火野正平「はい、気持ち悪いの略であります。」


「キモい」という言葉の意味をドラマの中で説明しているわけですが、
「キモい」という言葉の意味を説明しなければならない世代って
おそらく70歳超えてますよね…。
そんな世代の人達がこのドラマを見ているんでしょうか…。

テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

北京五輪金メダリスト 石井慧
イタめの発言ですっかりマスコミの人気者になった石井慧選手ですが、
2、3日前、TVで石井選手の妹さんがインタビューされていました。

なにか兄を咎めるようなことを言うのかなあと思って見ていたのですが、
「おもしろい」「兄らしいなと思った」など、意外なほど悪く言うことがなく、
そこは少し咎めといた方が兄貴もやりやすいだろと思うのですが、
全然そういうことは言いませんでした。

なんか変だなあと思いながらインタビューを聞いていると、
妹は兄から小遣いを貰っているということを言っていました。
マスコミの人はすぐに兄に確認を入れ、
「妹さんにお小遣いを上げているという話なんですが、
いくらぐらいあげてるんですか?」
と質問すると、
「両手の指じゃ足りないぐらいです」
「それは千円単位ですか?」と聞くと
「いえ、諭吉単位です」と石井選手は答えていました。

確かに数十万円の小遣いをくれる兄を悪くは言えないよなあと
思いましたが、

なんか嫌ですね…。
お金って…。

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

伝説の病院
まだ僕が5、6歳だった頃、夜に突然耳が痛くなり
両親に連れられて家から近い大きな病院に行きました。

しかし、その大きな病院は夜は耳鼻科の先生がおられず、
救急車で運ばれてきたわけでもなかったので診て貰えませんでした。
しかし、病院の人が気を使ってくれて夜でも診て貰える
別の病院を探してくれました。
すぐに紹介してもらった病院に車で連れて行ってもらったのですが、
その紹介された病院の先生が凄い人でした。

診察室に入るなり、
「何考えてんだこんな時間によう…、子供の面倒もみれねえのかよ」
と仰られ、
その後も、アホだのボケだの延々と言い続け、
僕の耳に診察器具を入れるのもわざと痛いように強引に入れ、
僕が「痛っ!!」と言うと、
そのお医者さんは「痛くない!!」
と叫んでおられました。

結局は中耳炎でたいしたことはなかったのですが、
我が家でこのお医者さんは伝説になり、
日常生活で誰かが「痛っ!」などというと必ず「痛くない!!」と
返すのが通例になってたりしました。

しかし、近年になってあの病院はいったいどこの病院だったのか
という話になり、記憶を探ってみるも20年程前の夜のことなので
誰もはっきりと覚えておらず、ただなんとなく東大阪の近鉄長瀬駅近く
だったのではないか、という結論に達しました。

もし、長瀬駅近辺でこれに近いお医者さんがいるという情報を
もっておられる方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいませ。

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

ドラクエ6
ドラクエ6続けております。

「スフィーダのたて」を手に入れたところで詰まってしまいました。

あてもなく世界中をぐるぐる周っています。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

実況・解説が本気で笑う
4:55に実況・解説が爆笑します。
その笑い声が、腹の底から笑っている感じがして良い感じです。

4:50あたりから見てもらえれば十分です。

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

月亭八方
月亭八方さんをTVで見かけると、必ず思い出すことがあります。

数年前、吉本の芸人座談会的な関西の生番組に
八方さんが出演されてたのですが、
その時、他の共演者の方が「明石屋さんまさん」の話をし始め、
さんまさんがいかに面白い人かというのを語っていたところ、
八方さんが、
「僕はさんまくんでは笑ったこと無いねえ、三枝さんがいたからねえ…」
と、突然、話の腰を折るようなことを言い始め、
共演者の方をひかせていました。

その後も他の関西ローカル番組で、さんまさんの話になると
機嫌が悪くなっているのを見かけました。

月亭八方さんが出演されている番組で「明石屋さんま」という
ワードが出てきたら要注目です。
表情が変わります。

テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

イグナショフvsブレギー
10月5日に行われた「Tough is not Enough 」という海外の興行です。
K-1の試合ではありませんが、一応K-1ルールだそうです。

アレクセイ・イグナショフvsビヨン・ブレギー

テーマ:K-1 - ジャンル:スポーツ

住道のイズミヤ・ゲームコーナー (大阪)
数年前、アフターバーナー2をやるため通っていた
大阪府大東市住道にあるスーパー・イズミヤ の
3階ゲームコーナーに、久しぶりに行ったところ、
大幅に規模が縮小されていました。

なんでも10月いっぱいで閉鎖されるらしいです。
80年代の雰囲気があるゲームコーナーで
好きだったのですが、残念です。

住道イズミヤ

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

10月1日 昨日のK-1 WORLD MAX FINAL
魔裟斗VS佐藤嘉洋は賛否あると思いますが、
K-1史に残る程の名勝負にはなりました。
しかし、年末のダイナマイトに繋げたいんでしょうが、
高校生の試合を放送するなら
個人的には、試合時間も短くKOが連発した他の試合も
放送して欲しかったです。

地上波放送されなかった
ブアカーオVSブラックマンバ

テーマ:K-1 - ジャンル:スポーツ

阿倍野近鉄百貨店屋上 (大阪)
阿倍野近鉄百貨店の屋上です。
1994年頃、この屋上を訪れた時には『大魔界村』が置いてありました。
デパートの屋上でプレイする『大魔界村』はまた格別なものがありました。

僕がヘタなのか、それともゲームが難しいのか、
何度やっても2面までしかいけませんでしたが…。

阿倍野近鉄百貨店屋上

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。