世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

メガCD版『ファイナルファイト』との出会い
メガCD版ファイナルファイト

昨日の記事の続きです。

僕が『ファイナルファイト』に対する興味を失ってから6年ほどが過ぎ、家を引越し地元を離れ、大学受験に失敗して浪人となり少しずつ「孤独」と向き合い始めていた頃、ふと気まぐれで中古ゲームショップに立ち寄りました。

そこには、子供の頃10000円近く出して買っていたゲームソフトが軒並み500円以下で売られていました。その中にメガCD版『ファイナルファイト』を見つけ、いったいいくらなのか手にとって見てみると「80円」の値札が貼ってありました。

こんなに安いのなら買ってもいいと思ったのですが、メガCD本体を所有していなかったため、すぐに棚に戻しました。しかし、メガCD本体はいったいいくらぐらいするんだろうと思い探してみると、なんと1900円で売っていたため、「2000円で『ファイナルファイトCD』ができるなら安い」と考え、買って帰りました。

家に帰ると勉強も放ったままで、メガCDをテレビに接続し『ファイナルファイトCD』をプレイしました。色数の少なさからくる画面の地味さに少しがっかりしながらも、動きや効果音はSFC版よりはるかにアーケードに近く、なにより工業用エレベーター面が再現されていることが嬉しくて何度もプレイしては、込み上げてくるアーケードの懐かしさを味わっていました。


明日の記事に続きます。
スポンサーサイト



テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.