世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

『ザ・キングオブドラゴンズ』1991年カプコン
キングオブドラゴンズ1

元々はTSR社のテーブルトークRPG『Dungeons&Dragons』の業務用アクションゲームとして作られていたのですが、版権に関する許可が出なかったため、『The King of Dragons』の商品名でリリースしたそうです。

キングオブドラゴンズ2

『天地を喰らう』と『マジックソード』を足して2で割ったようなゲーム性で、細かい演出にいたるまで本当に良く出来ていたのですが、僕の中では「なんか違う」という印象を今でも持っています。『ストリートファイターII』以後のカプコンのゲーム、例えば『ワンダー3』や『キャプテンコマンドー』なども共通していると思うのですが、なんというかカプコンが「守り」に入ってしまったような、そんな印象があるゲームです。

キングオブドラゴンズ3

『ザ・キングオブドラゴンズ』よりも良く出来ているとは言えない過去のカプコンのゲームの方が神秘性があるというか、なんとなくそんな感じがするのです。このへんのニュアンス分かっていただけると嬉しいんですが…。じゃあ、あんまりプレイしなかったのかと言うと、むしろ『天地を喰らう』や『マジックソード』以上によくプレイし、その面白さもある程度分かっているつもりなのですが、「なんか違う」という気がしてしまうのです。

キングオブドラゴンズSFC

アーケード版『ザ・キングオブドラゴンズ』をよくプレイし、尚且つスーパーファミコン版も購入していたにもかかわらず「なんか違う」という気持ちが今もってあります。スーパーファミコン版は、僕にとって微妙な時期のカプコンのアーケードゲームがSFCに移植されたこと自体、「逆におもしろい」と感じ購入してしまったぐらいです。好きか嫌いかと聞かれれば、好きなんですが…うまく言い表せないですね…。何が違うのかなあ…。
スポンサーサイト



テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.