世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪マイナーレトロゲームスポット探訪ツアー 第2スポット「ゲーム喫茶 ヤングマン」  (大阪府東大阪市)
花園1
近鉄奈良線「河内花園駅」までやってきました。なかなか独特の雰囲気があるところです。

花園2
河内花園駅のすぐ隣には花園商店街があるのですが、これがまたレトロで素晴らしいです。でも、今日、御紹介させていただくのはそれじゃないです。

花園3
このすぐ近くの線路際にとんでもなくレトロなものがあって、それを今日は御紹介させていただこうと思います。

ヤングマン1
はい、来たこれ!!「ゲーム喫茶 ヤングマン」!
ほら、見て見て!瓦屋根!瓦屋根!(笑)

ヤングマン2
店舗自体は閉じてしまっているのですが、この外装は、もともとレトロな街の中でも一つ異様な雰囲気を出しています。
ネットで調べても一切情報が出てこず、ぶっちゃけ地元の人間しか知らないと思います。

ヤングマン3
普通の住居の間に、完全に時間の流れを無視して70年代のものではないかと思われるほど古いゲーム喫茶の店舗が残っています。完全に世間から無視され続けて数十年、姿を変えず存在していると思うとゾクッとします。いいですね。

ヤングマン4
店舗に比べればまだ新しいと思われる自動販売機の堂々たる100円っぷり。
払い戻しのレバーも懐かしいです…。

ヤングマン5
ホロ屋根をチェックしてみようと覗いてみたんですが、この雰囲気…。民家…。
お、お婆ちゃんのにおいがする…。

ヤングマン6
30年ぐらい前にここでちょいとインベーダーゲームをやって、この光景を見ながら帰っていった人がいたのかもしれませんね…。

ヤングマン7
店舗の裏側に回ってみました。
ご…、ごいす~…。
凄いことになってますね…。

ヤングマン8
「ゲーム喫茶ヤングマン」を後にしました。
ちょっと分かりにくいですが、画像の中心よりちょっと右の
建物に挟まれた感じのそれが「ヤングマン」です。
現在ではまず見ることの出来ない70年代風のゲーム喫茶を、
外装だけでも変わらない姿で目の当たりに出来るのはちょっと嬉しいです。

スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

大阪マイナーレトロゲームスポット探訪ツアー 第1スポット 「3ちゃんや」後編  (大阪市東住吉区) 
前回の続きです。

おもちゃ屋5
さあ、今回はゲームとエレメカを見ていきましょう。

おもちゃ屋16
(↑画像はクリックで拡大表示します)
たくさん並ぶミニアップライト筐体…。いいですよね…。
手前の筐体には『スノーブラザーズ』!そしてその向こうには『大工の源さん』!
なんだこのラインナップは!?ここはバブル期なのか!?

おもちゃ屋4
(↑この画像はぜひクリックして拡大表示していただきたい!)
ぜひぜひ拡大して御覧下さい!この雰囲気!懐かしい!
薄汚れたコンパネ、画面に写りこんだ天井のホロ屋根、
子供が残したお菓子の袋、そしてスノーブラザーズ…!
こういう写真が撮りたかった…!!
まあ、ピントが合ってないんですけどね…(笑)。

おもちゃ屋7
『大工の源さん』です。モニターの上に子供が残したカップラーメンの蓋があります。
それすらどこか懐かしさを感じさせます。

おもちゃ屋14
(↑クリックで拡大表示します)
懐かしいゲームをしっかりと噛み締めるようにプレイしました。
1プレイ20円でした。料金も昔のままという感じです。
では、ゲーム筐体の横にあるエレメカを見ていきましょかー。

おもちゃ屋2
(↑クリックで拡大表示します)
メーカー不明の『メロディショット』です。いいですね…!
懐かしいエレメカでっせ!というオーラがバリバリに出ています。
油性ペンで書かれた一見落書きの様な文字も「味」があって素晴らしいです。

おもちゃ屋13
(↑クリックで拡大表示します)
エレメカを支える台の錆び具合もさることながら、
この台の下の鉄板がいいですね!
街の駄菓子屋感が色濃く出ています。
エレメカはこういうところに置いてあるのが一番似合っている気がします。


おもちゃ屋15
「ああ…、エレメカだね…、エレメカなんだね…。」と、
シュワルツェネッガーの胸をまさぐる(故)淀川長治さんのように興奮して
エレメカを堪能しつつ、となりのものにも目を向けます。

おもちゃ屋17
(↑クリックで拡大表示します)
カプコンの『ストリートファイターII』のエレメカです。
キャラクターの顔が書き込まれた四角いボタンが良い感じです。


おもちゃ屋19
(↑クリックで拡大表示します)
ゲームやエレメカを堪能しました…。
それにしても、ここは本当に良い空間です。癒されます。

おもちゃ屋18
(↑クリックで拡大表示します)
うちのブログとしてはゲーム以外の部分も気になるところなので、
ゲームコーナーの地面を撮ってみました。
子供が残したゴミだらけですが、この雰囲気、懐かしいです。

おもちゃ屋10
「3ちゃんや」を後にしました。本当に素晴らしいお店でした。
こんな素晴らしいところが残っているなら、
まだ大阪も捨てたものじゃないなと思いました。
 

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

大阪マイナーレトロゲームスポット探訪ツアー 第1スポット 「3ちゃんや」前編 (大阪市東住吉区)
おもちゃ屋10
大阪マイナーレトロゲームスポット探訪ツアー、第1のスポットは
大阪市東住吉区にある「3ちゃんや」です。
いわゆる街のおもちゃ屋さんなんですが、ここがなかなかに素晴らしいお店でした。

おもちゃ屋11
店舗前、雨よけ用のビニールの向こうに色んなエレメカが…!
いいですね、この雰囲気…。

おもちゃ屋12
なんという名前のエレメカか僕はちょっと分からないんですが、
なぜか東住吉区から平野区にかけてよく見かけられるエレメカです。
このへんにあった会社が製造していたのでしょうか…。

ではビニールの中を覗いてみましょう。

おもちゃ屋1
(↑クリックで拡大表示します)
ビニールの中に入りました!この雰囲気!懐かしいですね!
逆光で少し分かりにくいですが、ぜひ拡大表示して懐かしさに浸ってくださいませ。

おもちゃ屋3
(↑クリックで拡大表示します)
ミニアップライト筐体が並ぶこの雰囲気…。いいですよね…。
子供の頃には本当によく見た光景ですが、最近はなかなか見かけないようになりました。

おもちゃ屋5
(↑クリックで拡大表示します)
画像の写りが悪くて申し訳ないんですが、本当に素晴らしい光景です。
子供の頃によく感じた「学校後、外に遊びに行ってる感」を久しぶりに思い出しました。

次回、ここのゲームの中身とエレメカに迫っていきたいと思います。
お楽しみに!


テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

大阪マイナーレトロゲームスポット探訪ツアー
大阪城
次回からの事なんですが、4回ぐらい続けて大阪のかなりマイナーなレトロゲーム関連スポットの話をしたいと思います。とは言いましても、大阪以外ならありふれているような場所ばかりかもしれません(笑)。中には「これ、レトロゲームと関係あるのか?」というのも出てきます。
ただ、「大阪のゲームセンターやゲームコーナーに関しては、だいたいのところは知っている」という方にはちょっと楽しんでいただけるのではないかと思っております。少なくともネット上ではほとんど情報が出てこないところばかりですので、楽しみにしていただけると光栄です。
 
 

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

「ゲームハウス スリーナイン999」 (大阪)
スリーナイン1
前回のゲームセンターから数10メートルだけ北上し、大阪工業大学の前まで来ました。綺麗な校舎の前に高架があります。この高架下に、「ゲームハウス スリーナイン」という潰れたゲームセンターの店舗だけが残っているのをGoogleのストリートビューで確認していたので来てみました。

スリーナイン2
お、見えてきました。看板には「ゲームハウス999」、ゲームハウス…、レトロで懐かしい響きの言葉ですね。

スリーナイン3
ああ、店舗だけでも残っててよかった…。店舗はやはり閉じていますが、いいですね、この雰囲気。薄暗いところにある小さなゲームセンター。凄くいいなあ…。

スリーナイン4
正面まで来ました。テナント募集と書いてありますね。ああ、一度潰れる前に来てみたかったなあ…。外装を見る限りはわりと最近までやってたっぽいんですけどね。僕は一度も来たこと無いです。残念です。

スリーナイン5
ぐぐっと近寄ってみました。「ゲームハウス スリーナイン999」と書かれたホロ屋根の下に何かが!?

スリーナイン6
わあ、いい看板ですね!「これぞ街のゲームセンター!」という雰囲気があります。
電球が周りに付いたゲームセンターの看板はレトロでいいですよね…。

スリーナイン7
(↑画像はクリックしていただければ拡大表示されます。)
雨風にさらされて痛んだホロ屋根、そしてその中にある電球の付いた看板。
いいですね。雰囲気バッチリです。

スリーナイン8
恒例となってきましたホロ屋根チェックです。いいなあ…、凄くいいです。
どこかデパート屋上ゲームコーナーっぽい雰囲気を感じさせます。

スリーナイン9
こんな小さなゲームセンターに、こう…、レトロなアーケードゲームがたくさん置いてあって、『スペースハリアー』や『スト1』の筐体なんかが店に花を添えるように置いてあったら最高だったでしょうね。もしかしたらこのお店にもそんな時代があったかもしれませんね…。

スリーナイン10
そんなこんなで「ゲームハウス スリーナイン999」を後にしました。お店は閉じていましたが良い雰囲気の外装を楽しめて満足でした。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

ゲームセンター「ザ・インドアゲーム」 (大阪市旭区)
ザ1
(画像をクリックしていただければ拡大表示されます)
大阪市旭区の大阪工業大学前までやって来ました。この道の奥に見える大阪工業大学の校舎のすぐ後ろは海のように広がる淀川です。「へえー、この向こうは川なんだ…」と思いながら、画像を拡大して御覧になってください。そう思うと良いところに見えてきますよね。…ね?

ザ2
そんな大阪工業大学前の学生街通りにあるのが「ザ・インドアゲーム」です。
外の看板は「ザ」としか書いてません。この時点でただものでないゲームセンターというのが分かる気がします。

ザ3
店舗前を上に見上げたところです。二階の看板にも「ザ」としか書いてないですね。

ザ4
入ってみるとこの雰囲気です。凄くレトロと言うか、独特の雰囲気があります。
1階は大阪工業大学の学生さんでしょうか、凄く盛り上がってゲームをやってました。
この画像は2階です。アストロシティの筐体が汚れてますが、ゲームの方は問題なしです。

ザ5
『ビシバシチャンプ』を発見しました。
それにしてもこの店内の雰囲気、かなり独特です。何気ないところに段差があります。

ザ6
画像がボケボケで申し訳ないです。ビデオゲームコーナーもなかなか充実してました。

ザ7
スロットも置いてあります。この向こうの窓から光が差し込んでくる雰囲気がいいです。
画像では少し伝わりにくいんですが、ここの内装はちょっと独特で、あまり類を見ない感じでした。

大阪工業大学前ゲームセンター「ザ・インドアゲーム」、なんだか圧倒される良いゲームセンターでした。


次回、「外装だけ残ってるレトロゲームセンター」です。お楽しみに!

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

タカラじゃないX68000版の『餓狼伝説』
X68000で『餓狼伝説』が移植されていると言う事実は
以前から気になっていたのですが、僕はプレイした事が無く、
その動画を見たことも無くてずっと未確認でした。
で、そのまま存在を忘れてたんですが、YouTubeにX68000版『餓狼伝説』の
映像をアップしておられる方がいて、先日初めて見る事が出来ました。


グラフィックや音声はアーケードにかなり忠実で、BGMもそこそこアーケードに近い雰囲気を作り出しているのですが、動きが酷いです!残念!X68000がもったいない!
TAKARAじゃないので期待していたのですが、甲子園シリーズで有名な
「魔法株式会社」が作ってたんですね…。少し納得…(笑)。
 

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

「ゲームマジック」 (大阪府守口市)
前回の続きです。

マジック3
店内に入ってみると、な、なんだ、このナイスゲーセンは!?置いてあるゲームも新旧バランスよく、ゲームセンターの理想のようなところです。素晴らしいゲームセンターだ!食べるものさえあれば2、3年暮らせそうな素晴らしさです。

マジック4
「チャレンジャー」が潰れていたことによる傷心が一気に癒えました。
ここは落ち着きます!いい。特にいい。
このゲーム機の上の窓から漏れる光が「街のゲームセンター」らしくていいです。
1プレイ50円でした。

マジック5
ナムコクラシックスの『ゼビウス』をプレイしたり、『セクシーパロディウス』をやってみたりと小一時間ゲームを楽しみました。そうか、「チャレンジャー」のすぐ近くにもこんなに良いゲームセンターがあったのか…。

マジック6
裏出口前に『クイズでアイドル!ホットデビュー』がありました。
いい話です。

マジック7
裏出口から出ました。「これぞ街のゲームセンター!」という感じの裏口ですね。昔はこういう裏口があるゲームセンターがたくさんありました…。

マジック8
(↑画像をクリックしていただければ拡大表示されます)
こういうゲームセンターの裏口の雰囲気を堪能してもらいたく画像を大きくしてみました。
子供の頃はよくこういう裏口から自転車に乗って帰ったなあ…。
土居商店街内ゲームセンター「ゲームマジック」、人に自信を持ってお勧めできる良いゲームセンターでした。


テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

「ゲームマジック」 (大阪府守口市)
土居商店街1
「チャレンジャー土居店」がマッサージのお店に変わっていたことを受け入れられない僕は、商店街をウロウロして傷ついた心を癒すことにしました。

土居商店街2
なかなか良い雰囲気の商店街です。ああ、ここに住みたくなってきました…。

土居商店街3
(↑の画像はクリックしていただければ拡大表示されます。)
凄い外装の喫茶店を見つけました。夜はバーになるみたいです。いいですね。
店名のサマンはフランス象徴派の詩人、アルベール・サマンからとってきたのでしょうか…?ってそんな人知らないよ!今さっきGoogleで検索して調べたんだい!

土居商店街4
これぞ大衆食堂という感じの大衆食堂です。この土居商店街はレトロなお店が多くて楽しいです。穴場ですね。

マジック1
その大衆食堂のすぐ左隣にゲームセンターを発見!
今日はもうゲームセンターはいいかな…と諦めていたところでしたが、とりあえずチェック。

マジック2
「チャレンジャー」の失敗がこたえているのであまり期待せずに入ることにしました。


次回に続きます。
「チャレンジャー土居店」 (大阪府守口市)
チャレンジャー1
↑上の画像はGoogleのストリートビューからアレしてきた画像です。
こんな感じで大阪の京阪本線、土居駅前に「チャレンジャー」というレトロな
ゲームセンターがあるのをストリートビューで以前から確認していました。

チャレンジャー2
(↑クリックしていただければ拡大表示されます)
そんなこんなで気になっていたので土居駅前まで来てみました。
なかなか良い雰囲気の街です。駅と商店街が特徴的なナイスタウンです。

チャレンジャー3
しかし、ストリートビューで確認済みのゲームセンター「チャレンジャー」が見当たりません。

チャレンジャー3
え!?もしかしてコレ?潰れてしまったということ?

チャレンジャー4
違いました。こっちでした。完全に別のお店になってます。
↑↓の二つの画像を見比べてみると分かるんですが、看板の形が全く一緒です。
チャレンジャー1
そっか…潰れてたのか…。
ストリートビューの画像って結構古かったりするんですよね…。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

ラストの「梅田」は股関節の涙
庄内から歩いた梅田までの道のりも今回がラストです。
shounai
十三から淀川を渡り、梅田の街に入っていきます。

umeda111
十三から南下して淀川まで来ました。
しかし、ここに来てアクシデント発生!!股関節に痛みが…!!
ちょっと歩きすぎたか…!?焦ります…。

umeda112
股関節を気にしながらも十三大橋を渡ります。
向こう側には大阪の中心地「梅田」の街が見えます。
この橋を夜に北から南へ渡ると、豪華な夜景が美しく、SFっぽいです。
『AKIRA』みたいです。

umeda115
橋の上から見た梅田スカイビルです。おっちいのー…。

umeda116
(↑クリックで拡大表示します)
だいぶ近づいてきました。橋を渡り終えたのですが、
ここで股関節の痛みが急激に増してきました!
ここから梅田の街のゲームセンターまで、まだ結構あるのに…!
くそっ!こんなところで恐怖と踊ることになろうとは…!

umeda113
なんとか梅田の商店街までやってきたのですが、痛みのため、ゲームセンターの中まで見てまわる気力が無くなってしまいました。外装だけパシャリ!

umeda114
有名なゲームセンターがたくさんあるのに…!
今回は諦めることにしました…。
いつか梅田地下街のゲームセンターもまとめてちゃんとした記事にしたいと思います。


結局次の日には股関節の痛みは治まりました…。
おい、僕の股関節よ…。おまえ…、なんやねん…。


次回はGoogleのストリートビューで見つけたレトロゲームセンターを
訪ねてみます。お楽しみに!

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

「スターフリーク」「BIG BIRD」  (大阪市淀川区十三本町)
今回は第3のポイント、「十三(じゅうそう)駅前」です。
shounai
商店街などをウロウロしていたのを含めると、ここまでで既に6、7km歩いています。
でも街の風景が楽しくてあまり疲れないです。

jyusou111
そんなこんなで十三(じゅうそう)駅前までやって参りました。

jyusou112
十三は大阪でも少し珍しいぐらいレトロな場所が残る繁華街です。
なんと道に「刺青」の看板が!「タトゥー」では無いんですね…。

jyusou113
目的のゲームセンター「スターフリーク」に着きました。
商店街のアーケードの中にありました。
この時点で既にナイスゲームセンター独特のオーラが出てます。

jyusou114
中の「STAR FREAK」と書かれた看板がレトロで良いですね。
では、お店の中に入らせていただきたいと思います。

jyusou115
店内に入りました!
外は騒がしい繁華街ですが、店内は意外と落ち着いた雰囲気です。
ここは落ち着きます!じっくりとゲームをやりこむには素晴らしい環境ですね。
店内も綺麗で清潔感があります。
ナムコクラシックスコレクションのVol.1とVol.2が並んでました。

jyusou116.jpg
(↑画像はクリックしていただければ拡大表示されます)
十三駅の真ん前まで来ました。

jyusou116
線路の下を通って西側に出たいと思います。
なぜかと言うと、向こう側にもゲームセンターがあるからなのです。

jyusou120
西側に出ました。出てすぐにレトロでナイスな雰囲気の喫茶店を見つけました。
今度来たときには入りたいです。今日はまだ行くところがあるけんね。

jyusou119.jpg
(↑画像はクリックしていただければ拡大表示されます)
なかなかの繁華街っぷりです。歩いてるだけで楽しくなってきます。

jyusou121
風俗街までやって来ました。
正面に見えているお店の看板がちょっと気になって撮ってみました。

jyusou122
ね?ちょっと異様なデザインですよね。貸店舗ですか…。
看板に描かれた絵や文字を消して、店舗内にレトロゲーム筐体を置く…。
レトロゲームセンター「シルクロード」の誕生です(笑)。
この看板があれば少し有名なゲームセンターにはなれそうです。

jyusou123
ゲームセンター「BIG BIRD」までやって来ました。中の画像は無いのですが、
片方でプリクラを営みつつもうまくビデオゲーム主体のゲームセンターに
しているという感じでした。予想外に素晴らしいゲームセンターです。
レトロゲームもそこそこ置いてありました。
『ファイナルファイト』をプレイしました。

このゲームセンターは常連客の方にはどうやらコーヒーが出るサービスがあるみたいです。それを横目で見ながら『ファイナルファイト』をプレイ…。べ、べつにコーヒーが欲しくてファイナルファイトやってるわけじゃないんだからね!!


次回、淀川を渡って梅田の街に降り立ちます。次回はひどいです…。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

三国の街と「キャンディーウエスタン」 (大阪市淀川区)
前回(庄内)からの続きです。
shounai
今回は第2のポイント「三国(みくに)」までの道のりです。

mikuni1
道に迷ったりしないように、線路沿いを歩いていくことにしました。


mikuni2
このまま進んでても大丈夫なのかな…?と思うぐらい細い線路際の道を歩いていきます。
この上が線路ですね。この下をくぐったわけではないのですが、なんとなく印象的なところだったので…。

mikuni3
画像では少し分かりにくいんですが、この辺は伊丹空港が近い為ジャンボジェット機がかなり低い位置を飛んでいて、えらい迫力があります。でも、地元の方は慣れておられるのか全然気にしていない様子でした。

mikuni4
そんなこんなで線路沿いに道を進んでいると、川にぶち当たりました。
あのビルの間に見える高架上のソレが「三国(みくに)駅」ですね。

mikuni5
橋を渡って川を越えました。

mikuni7
やっとのことで三国(みくに)駅前までやって来ました。

mikuni6
三国駅前にありますこの建物の地下にゲームセンターがあることは
既に調べがついているのです。
さっそく地下に下りてみることにしました。

mikuni8
地下に下りると…、あった、ありました!
新しい感じのゲームセンターですね。
レトロゲームはちょっと無さそうかな…?

mikuni9
レトロゲームはちょっと見当たりませんでしたが、なかなか綺麗なお店でした。
が、狭いです!隣のスロット屋は広いのに…!追いやられている感じです。
でも、地元の格闘ゲームファンが本気で対戦する場所という雰囲気がありました。

mikuni10
ゲームセンターのすぐ近くにある商店街もちょっとだけ散策。

mikuni11
(↑画像はクリックで拡大表示されます)
商店街の中にちょっといい感じの風景を見つけました。
拡大表示して御覧いただけると嬉しいです。
この階段の先の踊り場のようなところに当たる太陽光の雰囲気、
屋上ゲームコーナーに続くデパートの階段を彷彿させます。
「そうか?」とか言わない。

この階段を上りきった先の左側にレトロゲームコーナーがあったとしたら?
レトロなゲーム筐体がたくさん置いてあったとしたら?
などと妄想しつつ、次の十三駅に向かいます…(笑)。


次回は「十三(じゅうそう)駅前」です。
「スターフリーク」というゲームセンターに行きます。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

庄内駅前 西本町商店街  (大阪市淀川区)
syounai1
(↑画像はクリックしていただければ拡大表示されます)
前回の「アステ川西」から阪急宝塚線の電車で梅田まで帰る際、
途中の「庄内(しょうない)」という駅で降りてみました。

shounai
こんな感じで「庄内」から「梅田」まで歩いて帰ってやろうという算段です。
庄内(しょうない)→三国(みくに)→十三(じゅうそう)→梅田(うめだ)、という感じで行こうと思います。
なぜ「庄内」からなのかと言いますと、庄内駅前の商店街の「あるもの」を見てみたかったからです。

shounai3
「あるもの」とはこのイズミヤの看板です!
いや、これ…、あれですよ?珍しい…、感じですよ?
以前、ネットで庄内の事を調べていてこの看板の存在を知り、ちょっと実際に見てみたかったのです。
…なんですか?前回、つまらない記事になるという話はしたはずですが?

shounai4
商店街の中も散策しました。「楽しくて、庄内」という看板が吊るされてますね。
「楽しくて、しょうがない」とかけてるんですね。はは…。

shounai5
商店街の中にもこの看板が。この看板の右側がイズミヤです。
イズミヤそのものはちょっと古めでしたが普通でした。
屋上もゲームコーナーもありませんでした。

shounai6
商店街のアーケードから少し外れてみました。ゴチャゴチャしてて良い街です。
最近気付いたんですが、大阪は淀川から北と南で街の風景が変わるような気がします。

shounai7
なんかいいな、と思って写真を撮っておいたんですが、家に帰ってから見てみるとそうでもないですね。なんでこんなもの撮ったんだろう…。

shounai2
商店街の中にある古い通りの店舗は相当数が閉まってました。

shounai9
上を見上げたところです。
この店舗紹介の看板がちょっとレトロでいいなと思います。

shounai10
(↑画像はクリックしていただければ拡大表示されます)
かなりレトロな感じのおもちゃ屋さんを見つけました。
これで店舗前にミニアップライト筐体でも置いてあればよかったんですが…。

shounai8
そんなこんなで庄内駅前の西本町商店街を後にしました。
ここから線路沿いに歩いて次の「三国(みくに)駅」まで行きます。


次回、三国駅前なんですが、一応ゲームセンターは出てきます。一応ですが…。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。