世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
河内山本で三和バーガーの自販機を発見しました!
yamamoto15.jpg
大阪府八尾市にあります近鉄大阪線「河内山本駅」までやって参りました。
写真の奥には以前「葡萄屋山本店」というゲームセンターがあったのですが、
現在は焼鳥屋「鳥貴族」になってます。それはともかく今回は三和バーガーです。

yamamoto11.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
はい、これ!踏み切りの前にあるというカオス感!
なかなかに素晴らしい河内山本の街に溶け込んでいい感じですよね!

yamamoto14.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
距離を詰めてみました。三和バーガー自販機の横にはコカ・コーラのケース、
そして空ビンが!
どこかで見た絵みたいでビックリしました(笑)。

yamamoto13.jpg
自販機としては、もう動いてないみたいなんですが存在感がやっぱり素晴らしいですね…。
んー…、よく見るとこれは普通の自販機とはちょっとタイプが違いますね…。
よく分からないのですが、もしかしたらお店の中で使うタイプでしょうか…?

こうやってジーッと見ていると、なんだか三和バーガーの自販機がデザイン的に凄く芸術性の高いもののように思えてきました…。
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

ついに決着!!例のカプコン筐体の正式名称が分かりました!
kyoutai113.jpg
ああでもないこうでもない、とコメント欄で論争を繰り広げてきたこのカプコン筐体なのですが、おかげさまでついにその正式名称が発覚しました!

その名も…、ドルルルルルル…(ドラム音)


「ニューコンセプト筐体」!!


http://www.geocities.jp/gamehouse_grindcrusher/gamemachine_7.htm
Grind Crusher様の↑こちらのページでも「ニューコンセプト筐体」と明言するのを避けておられることもあって、「ニューコンセプト筐体(最初の記事から時々ニュータイプと間違えて書いてました…すいません…)」なんていう名前が固有名詞だとは思いませんでした…!だって、「ニューコンセプト」ですよ?仮称っぽくないですか?

しかし、これも深い理由がありまして、なまぷるさんに教えていただいた事を僕が知っていた事のように言うのですが、元々この筐体は『戦場の狼II』の3人同時プレイが可能な専用筐体として発売されたもので、その後にコンパネ部分を取り替えて通常のゲームも楽しめるようになった筐体だそうです。要は『戦場の狼II』の専用筐体を流用した感が強く、そのために正式名称が少しいいかげんな感じになったのだと思われます。

希戸さん、なまぷるさん、ZOOKさん、曝頭さん、調べていただいて本当にありがとうございました…!
長い間気になっていたのですが、やっと心の中のモヤモヤが取れました…。
そうですか…、『ファイナルファイト』や『U.S.NAVY』をプレイしまくった思い出の筐体はニュータイプ…、じゃなかった、ニューコンセプト筐体と言うのか…(笑)。子供の頃の自分に教えてあげたい気持ちです…。
 

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

大阪最強のレトロゲームセンター「あうとばあん」閉店か…!?
outbh11.jpg
「ゲームセンターCX」でも採り上げられた大阪最強のレトロゲームセンター
「あうとばあん」がついに閉店するという噂が出てまいりましたので、
ちょっと確かめに「あうとばあん」のある近畿大学前までやって来ました。
ガーンッ!!閉まってます…確かに閉まってます…!
なんてこった…あの「あうとばあん」が…!

outbh12.jpg
「お知らせ ゲームセンターはしばらくの間 休ませていただきます」
の張り紙が!
「しばらく」という言葉に安心してしまいそうですが、再開予定は今のところ未定らしいです…!大阪から「あうとばあん」がこのまま無くなってしまうのでしょうか…?

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

旧「大和」富山店の屋上プレイランド映像 (富山県富山市)

富山県にある「大和」というデパートの屋上プレイランドの映像(2004年時)をYouTubeにアップしておられる方がいました!これは素晴らしい屋上ですよね!この雰囲気、たまらない…!エクセレントですね!

この屋上の古びた感じ、乗り物、ホロ屋根、エレメカ…、全てにおいて最高です!
僕たちが子供の頃に味わったデパート屋上ってまさにこの雰囲気ですよね!

残念ながら現在の大和富山店は既にリニューアルされているそうなんですが、
この屋上、何度見ても素晴らしいです…。懐かしい気持ちになれますね…。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

関大前「チャレンジャー」「ぷりぷりランド」 (大阪府吹田市)
kandaimae122.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
前々回の「ヴァンティアン」からさらに関西大学の方へ向かって坂を上っていきます。学生街だけあって色んなお店が並んでますねー。

kandaimae120.jpg
ヴァンティアンからすぐのところにゲームセンター「チャレンジャー」がありました。
店内は新しいゲームセンターとなっていてレトロなものはちょっと見つかりませんでした…。
店内は凄く暗いのですが、さすがに長い年月生き残ってきただけあって大変賑わってました。

kandai12.jpg
ちなみに20年前の関大前「チャレンジャー」は↑こんな感じです。
あまり変わらないように見えますが、よく見比べてみると今は改装後みたいですね。
この写真ではちょっと分かりにくいですね…(笑)。

kandaimae121.jpg
さらに坂を上るとゲームセンター「プリプリらんど」にやって来ました。
店内は外から見ているぶんには一見スロット屋と勘違いしてしまいそうなほど
スロット台が中心なのですが、奥にはちゃんとビデオゲーム筐体もありました。

kandaimae112.jpg
そんなこんなで駅前に戻ってきました…。
この駅前にある「フタバボウル」というボウリング場に十数年前一度訪れたことが
あり、そのとき2階にゲームセンターがあった気がしますので、ちょっと中に入ってみることにしました。

kandaimae113.jpg
そう、確かこのエスカレーターを上がったところにゲームセンターがあった気が…。

kandaimae114.jpg
あ、無いですね…(笑)。ありませんでした。

kandaimae115.jpg
僕の記憶ではここに派手なゲームセンターがあった気がするんですけどね…。
もし過去にあったとしたなら、ボウリング場ですしゲームコーナーですかね…。

このままそそくさと帰るのもなんとなく悔しいので、一階にあるブックオフで
『夕日ロマンス』という漫画を立ち読みして帰りました。
ああ、今日はいい夢が見れそうだ…(笑)。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

関大前「ヴァンティアン」 大阪府吹田市
kandaimae111.jpg
阪急電鉄千里線「関大前」駅にやって参りました。
この関大前駅周辺は昔からゲームセンターがたくさんあることで有名でした。

kandaimae112.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
学生街だけに大変賑わっているところです。
ボウリング場やブックオフがあり、食べ物屋も充実してます。
何でもそろっている感があって凄く良い感じですが、なんといっても
街の雰囲気が素晴らしいです!落ち着きますわー…。

kandaimae116.jpg
関西大学に向かって坂を上っていきますと、
ゲームセンター「Vingt et un (ヴァンティアン)」に到着!
さあ、フランス語の時間がやって参りました!

「Monsieur NICHIOKU. Qu'est-ce que vous signifiez en japonais avec Vingt et un ?」
(ニチオクさん、Vingt et unとは日本語でどういう意味ですか?)

「に…、21?」

「C'est une réponse correcte」
(正解です。)

フランス語を勉強していたにもかかわらず、エキサイトの翻訳を使わせていただきました…。もう何にも覚えてないです…。
「21」という数字はどこからきてるんでしょうかね?やはり21世紀の21でしょうか…。

店内に入りますと、一階にはナムコの『ノックダウン90』が置いてあったりして、
ゲームセンターとしても学生街だけあって大変賑わってます。活気があります。
ここの3階にレトロゲームコーナーがあることは調べがついておりますので、
3階へGO!

kandaimae118.jpg
3階に上がりました!ここはいいところだ!
『ファイナルファイト』『天地を喰らう2』『極上パロディウス』など
90年台のゲームが置いてあってよい感じです!
おっと、『ファイナルファイト』は1989年の12月でしたね…(笑)。
あ、考えてみれば『ファイナルファイト』もちょうど店名と同じく
「21」年前のゲームですね。

他にも『メタルスラッグ』シリーズをわざと全作並べてあったりもして、
遊び心があるいいゲームセンターだなあと思いました。
店内の雰囲気も独特の落ち着きがあって素晴らしいです。

kandaimae119.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
3階の隅には『ストリートファイターII』のピンボール台が置いてありました。
いい感じですよね!でも、僕が行った時は残念ながら調整中でした。
話が変わると言いますか変わらないと言いますか、ピンボール台って重量が
半端なくあるらしいですね…。運んだりするのが凄く大変らしいです。
大人4人じゃ足りないぐらいだとか…。

そんなこんなでいつもどおり『ファイナルファイト』をプレイしたんですが、
ここのファイナルファイトは設定が甘く、ガンガン進めていい感じでした!
でもラスボス直前の最終防衛ラインでゲームオーバーでした。
あきまんの牛丼50杯エンドまであと少しだったのですが駄目でした…。
でも、子供の頃に比べれば上手くなったもんだな、と自分では思いました。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

(故)三橋美智也さん、1991年時の『ゴエモン音頭』レコーディング風景
goemonjacket.jpg

↓は1991年にコナミから発売されたSFC用ソフト『がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~』のCMソングとして使われた『ゴエモン音頭』のレコーディング風景です。

goemonrecord1.jpg
goemonrecord2.jpg

三橋美智也さんが歌うゴエモン音頭、なじみのある方には懐かしいですよね!
当時、『ゴエモン音頭c/wゴエモン町を行く』としてシングルCD化されたものと、
『がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~』オリジナルサウンドトラックの
ボーナス曲として収録されたアルバムの2種類がありました。

僕はなぜか両方持っていたのですが、シングルの方はいつのまにか無くしてしまいました…。アルバムの方は今も手元に残ってます。

さて画像のほうなんですが、かなりお年を召された三橋美智也さんがレコーディングをされてますよね…。
実はこの頃の三橋美智也さんは私生活が大変な時だったそうで、妻に馬乗りで殴られるといった事件や、妻と娘と娘婿の共謀によって財産を乗っ取られる事件などに巻き込まれていました。
くわえて、糖尿病の悪化も手伝い声の衰えを隠せず、また薬の副作用等により脱毛が酷く、それを隠すためにカツラを使っておられたそうです。
たしかに写真を見ると頭の毛が不自然に黒いですね…。
SFC初期の良作タイトル連発の中で発売された『がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~』のゴエモン音頭に、子供の頃とても華やかさを感じたものですが、その華やかさの裏で、当の三橋美智也さんは大変な苦労をされてたんですね…。
子供の頃は全然知りませんでした…。

当時、北野ファンクラブというTV番組でビートたけしさんが、
「三橋美智也さんも昔は本当に歌が上手かったのになあ…」と言っていたのを覚えていまして、どうやら三橋美智也さんの若い頃を知る方には当時その声の衰えが顕著なものだったようです。
で、実際に若い頃の三橋美智也さんが歌っておられるところをYouTubeなどで聴いてみますと、
確かに張りのある声で、晩年とはかなり違います。
しかし、僕ははじめての三橋美智也体験が晩年の声でしたから、こっちの方が良い声に聴こえると言いますか、雰囲気がある感じがするんですよね…。


YouTubeに歌をアップされている方がおられましたんで、
久しぶりにちょっと聴いてみませんか?(笑)
ちなみに動画の「次元城の悪夢」とは『がんばれゴエモン~ゆき姫救出絵巻~』の購入者を対象に抽選で配布されたOVA作品です。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

この筐体の正式名称を御存知の方、おられませんでしょうか…?
kyoutai112.jpg
新年一発目の記事を見に来られた人に、物事を教えていただこうとするのだから、
うちのブログは本当にもうアレなんですが、もはや自分の力ではどうにも
ならないというところまで来ましたので、
「うちのブログを見に来られた方に聞いてみよう!」と思い立ちました。

↑の画像は1990年の春頃にカプコンから発売された筐体なんですが、これの
正式名称がどうしても分からんのです…。
発売される前のチラシなどでは「ニュータイプ筐体」と書いてあったのですが、
「ニュータイプ筐体」なんていうのはさすがに仮称だと思うんですよね…。
思い出の筐体でして、本気の気持ちで正式名称を知りたがっております!
もし御存知の方、おられましたらぜひコメントくださいませ!


↓正式名称が判明したと思いきや、それは違っている説、浮上!
【続きを読む】

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。