世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大阪最強レトロゲームセンター「あうとばあん」がついに売物件に…!
autobann11_0204.jpg
「あうとばあんが売物件になっている」という情報を
いただいたので、早速確認するために来てみました。
ついさっき撮ってきた写真です。

autobann11_0205.jpg
うわあ…、ホントだ…。おもいきり「売物件」って書いてますね…。
なんてこった…。そうですか…、ついにその時が来ましたか…。
なんだかんだで再開してくれるんじゃないか、とか思っていたのですが…。
残念です…。
中の筐体はまだ残ったままでした。いったいどうなるのやら…。
外から中を覗いてみて気付いたのですが、営業中には一度も見かけたことの無いサッカーゲームのエレメカなどが置いてありました。
「あうとばあん」はあんなゲーム機も所有していたんですね…。驚かされました。

autobann11_0208.jpg
これで近畿大学前通りのゲームセンターと言えば、「UFO」だけになって
しまいましたね…。
道行く学生さんが「なんでここ潰れたんだろうな…」と話しながら歩いてました。
なんだか街も寂しく見えてしまいました…。

(前々回予告した『山のぼりゲーム』の記事が2度続けて遅れたことを深くお詫びいたします。次回は何があろうと絶対に『山のぼりゲーム』の記事ですので…)
スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

アニメ『とある科学の超電磁砲』に、またレトロアーケードゲームが出てました
以前、人気アニメ『とある科学の超電磁砲』にレトロアーケードゲームが
出てきたという記事がありましたが、先週の放送分でもまた出てました。

toaru212.jpg
今回はナムコの『ギャラガ』に似たゲームでした。
止まった絵ではなく、ちゃんと動いてました。
前回の記事では、「取材に行ったゲームセンターが、たまたまレトロアーケードに
強いお店だった説」を唱えましたが、そういうことではなさそうです。
これは故意にやっとりますね…。ありがたい事です…。

toaru213.jpg
セガの『ファンタジーゾーン』っぽいゲームも出てました。
こっちの方もちゃんと動いてました。製作者サイド、なかなか本気です(笑)。
ほんの一瞬のシーンなのに、ここまで凝って作るとは…。

toaru211.jpg
前回登場した『ゴールデンアックス』っぽいゲームもチラッと出てました。
こっちは相変わらずタイトル画面だけでした…。
やっぱりシューティングの方がアニメとしては動かしやすいんでしょうね…。

satensan.jpg
どうでもいい補足をさせていただきます。
前回の記事では「黒子」というキャラ目的で見ていると言っていたのですが、
その友人の「佐天さん」の方が好きになってきました…。嫁変更です。

(前回予告した『山のぼりゲーム』は次回となります。すいません…。)

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

第4スポット 「井上商店」 (大阪府堺市)
inouesyouten11.jpg
堺の百舌鳥八幡宮の近くを通りかかったんですが、そこで「井上商店」というレトロな駄菓子屋を見かけました。

inouesyouten12.jpg
超レトロな引き戸の向こうには黄色いパチンコ系のエレメカが一台、
カプコンのミニキュート筐体、そしてSNKのNEO19筐体ですかね。
この引き戸に凄く惹かれてしまいました…。

このエレメカ、以前平野区あたりでよく見かけるとか言っていたんですが、その後、平野以外でもよく見かけるようになりました。
たまたま僕が平野近辺でよく見かけただけだったみたいです(笑)。


次回、久しぶりに『山登りゲーム』が登場します。お楽しみに!

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

第3スポット 「星狩物語」 (大阪府堺市)
hosikari11.jpg
大阪府の堺市は百舌鳥梅町にあります「スーパー玉出」にやって来ました。
さあ、ここの玉出にはレトロ食品がまだ残っていますでしょうか…
というのは冗談でして、その向かいにある「星狩物語」というゲームセンター
&カラオケ屋にやって参りました。

hosikari12.jpg
割と新しい系のゲームセンターなのではないか、と思いつつも友人に
勧められたので入ってみることにしました。

hosikari13.jpg
「星狩物語」行かずして堺を語ることは許さん、との事で、
「あまりレトロゲームは期待できないなあ…」と思いながら店内に入っていきました。

hosikari14.jpg
しかし店内に入ると、今風のゲームセンターにしては珍しいほど
ビデオゲーム筐体の数が多くてびっくりさせられました。
しかもそれだけではなく、ゲームセンターの隅になんと
カプコンの『マジックソード』(1990年)が置いてありました!
これは嬉しい誤算でした…。

新しいゲームセンターでも最近は1,2台ぐらいレトロゲームを置いているケースが
多いんですが、『マジックソード』というそのナイスチョイスに心躍らされました。
「星狩物語 中百舌鳥店」、入ってみてよかったです。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

第2スポット 「上野芝グリーンボウル」再探訪 (大阪府堺市)
上野芝01

昨年、「南大阪探訪ツアー」におきまして上野芝グリーンボウルというボウリング場の
ゲームコーナーを探訪させていただいたところ、中野龍三プロゲーマーWEB様でその記事を紹介していただきました。

その時、以前堺に住んでおられた中野龍三さんが「昔はここにアイススケート場もあった」ということを仰っていて、「へえ…アイススケート場がこんなところにあったんだ…、その頃に一度行ってみたかったなあ…」と思っていました。

しかし、聞いたところによりますとこのアイススケート場、まだ残ってる
らしいです(笑)。
しかも『ソニックブラストマン』や『ノックダウン'90』よりレトロなものも
あるとかで、前回の自分の記事のいいかげんさが浮き彫りになってきました(笑)。

uenosibagreen116.jpg
というわけで、上野芝グリーンボウルにまたしてもやって来ました。
はたしてアイススケート場はまだ本当にあるんでしょうか…。
そして、『ソニックブラストマン』や『ノックダウン'90』よりレアなものとは…?

uenosibagreen113.jpg
とか考えていたら、突然目の前にトラックが…。
このトラック、よく見るとエレメカを運びこんでます。
見かけそうで意外と見かけないシーンを見れました。得した。

uenosibagreen112.jpg
それはさておき、アイススケートです。ゲームコーナーにとりあえず近づくと…。
あ、本当だ!アイススケートの案内が!さっそく矢印の方に向かうと…。

uenosibagreen114.jpg
ああ…、こんなに堂々とアイススケートって書いてる…。
これに気付かない人間がいるんですね…。

uenosibagreen115.jpg
階段の上のホロ屋根がレトロで良い感じですよね…。
それにしても堺の上野芝なんていう意外なところにアイススケート場が
あるんですね…。僕は全然知りませんでした…。

しかしまあ、ここまでならまだゲームと関係ないのですが、問題はゲームコーナーでした…。

僕が前回見落としていたものとは…

uenosibagreen999999.jpg
↑これです!なんとナムコの『ノックダウン』(1981年)があったんです!
かもし出す80年代前半の匂い…。
なんでこれを前回見逃したのか自分でもよく分からないです…(笑)。

uenosibagreen99999.jpg
ちなみにその右側にはタイトーの『キャプテンゾディアック』(1993年)もありました。
もうグダグダです…(笑)。

uenosibagreen117.jpg
上野芝グリーンボウル、改めて素晴らしいところだと感じたのですが、
僕の方はちょっと最低だな、と感じました…。
そこにレトロゲームがあるのに気付かないっていうのは本当にひどい話ですよね。
疲れてたのかなあ…(笑)。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

ザ・リターン・オブ・南大阪探訪ツアー第1スポット 「ゲームファン桃山」後編 
↓前回の続きです。

momoyama117.jpg
店内に入りました!
筐体は新しめですが、昔ながらのゲームセンター臭がぷんぷんします!
天井が低めで、アットホームな感じが強いです。独特の雰囲気です!

momoyama116.jpg
木の柱が立っていたりして、写真で見る以上にレトロ感があります。
こんなゲームセンターが堺市にまだ残っていたんですね…。

momoyama119.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
この画像が一番この「ゲームファン桃山」の雰囲気を表しています。
ぜひクリックしていただいて、レトロな空気感を吸い込んでくださいませ!

momoyama120.jpg
写真ではなかなか雰囲気が伝わりにくいのがちょっと悔しいです…。
薄暗くて穴ぐら感があるゲームセンターなんですよね…。
この雰囲気はなかなか珍しいです。

momoyama121.jpg
レトロなところで言いますと、『ぷよぷよ通』や『セクシーパロディウス』などが
置いてありました。1プレイ50円でした。
この「ゲームファン桃山」の隅っこでプレイする『セクシーパロディウス』はまた格別ですね…。

momoyama118.jpg
体感ゲームや音ゲーなどもあり、一息つける椅子に灰皿、「アルカディア」のバック
ナンバーも並べてありました。
細かい配慮もしっかり行き届いています。

momoyama122.jpg
近くの学校がお休みだからなのか、お客さんがあまり見当たりませんでしたが、
ゲームセンターとしては本当にちゃんと「生きている」ゲームセンターだと思います。
このレトロ感は近畿大学前通りの「UFOパート1」を彷彿させました…。

momoyama111.jpg
そんなこんなで「ゲームファン桃山」を後にしました。
いやー…、残っているところには残っているものなんですね…。
こういう独特のレトロ感をかもし出すゲームセンターが大阪の片隅で今も元気に
営業してくれているのが嬉しいな、と思いました。

次回は、昨年訪れた「上野芝グリーンボウル」を再探訪します。
僕自身、ちょっとびっくりするようなものを見落としてましたので…。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

ザ・リターン・オブ・南大阪探訪ツアー第1スポット 「ゲームファン桃山」 前編
今回から「ザ・リターン・オブ・南大阪探訪ツアー」と題した連続物の
ゲームセンター探訪記事が始まります!
要は、「南大阪にもっかい行ってきたよ」というそれだけの話だったりです…(笑)。
では、第1のスポット「ゲームファン桃山(前編)」です。どうぞ!
↓↓↓

momoyama123.jpg
「ゲームファン桃山」というゲームセンターを求めて大阪の堺市は北野田という
ところまでやって来ました。なかなかに雰囲気の良い街です。
僕は全然縁が無かったんですが、こんな街が大阪の南部にあったんですね…。

それはともかく今回は「ゲームファン桃山」を目指します。

momoyama124.jpg
その北野田からさらに1㎞ほど南下して来ました。
田舎と言うほどではありませんが、なんと言いますか藪が多くて山の住宅街
という雰囲気があります…。
本当にこんなところにゲームセンターがあるのでしょうか…。

んー…、地図で調べたところ「ゲームファン桃山」は確かこの辺のはずなんですが…。

momoyama113.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示されます)
あッ!後ろに看板を発見しました!
知らぬ間に少し通り過ぎていたようです(笑)。
看板にはしっかりと「ゲームファン桃山」の文字が。

momoyama114.jpg
え…?ここ?
なんだかただの駐車場みたいなところなんですが…、入ってもいいのかな…?
っていうか、本当にこんなところにゲームセンターがあるのかなあ…?

momoyama111.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示されます)
あった!ありました!うっわー…、なんだこのゲームセンターは!?
こんな素朴な外装のゲームセンターがまだ大阪に残っていたとは…。
外観からでは中が全く想像できませんね…。
しかも入り口が引き戸と来ましたか…。
中にはいったいどんなゲームセンターが待っているのやら…?

というわけで、次回店内に入っていきます。お楽しみに!
 

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

タイトーの大型筐体「IDYA」(1992年)の動いているところ

0:53~1:03のたった10秒間ぐらいだけなのですが、この「IDYA(イデア)」筐体がグイングイン動いているのがいいな、と思ったので記事にしてみました…(笑)。

今回はちょっとアレな記事なんですが、
次回からは「ザ・リターン・オブ・南大阪探訪ツアー」を始めたいと思います。
お楽しみに!
 

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

現在放送中のアニメ『とある科学の超電磁砲』にセガの『ゴールデンアックス』が登場!
toaruaxe111.jpg
↑現在放送中のアニメ『とある科学の超電磁砲』(第17話)のゲームセンターシーン
にセガの『ゴールデンアックス』(1989年)をモデルにしたと思われるゲームが…!
筐体もこれはアストロシティですね…。

goldenaxe11.jpg
ちょっと変えてますが、明らかにこのタイトル画面ですよね。
アニメの製作者の中にレトロゲーム好きな方がおられるのでしょうか…?
それにしても、『ゴールデンアックス』なんていう渋いゲームを出してくるとは…。
最近のアニメも侮れないですね…。

toarusonic111.jpg
↑他にはタイトーの『ソニックブラストマン』(1990年)に似たパンチングマシーンも
登場してました。

sonicblast111.jpg
間違いなくこれがモデルですよね。
取材に行ったゲームセンターがレトロに強いゲームセンターだったとか…?
色々と考えられますが、ただ一つ言える事は「ありがとう」ということです…(笑)。

sonicblast112.jpg
こっちの画像の方が側面が似ているのが分かっていただけると思います。
まあ、そこまでしっかり見比べるまでもないんですけどね…(笑)。
 
舞台設定が何年かは知らないのですが、一応未来のSFらしいです。
あ、いや、ちょこちょこ見てるんですけど、細かいことは知らないのです。
「黒子」というキャラクター目的で見てます。
「あら、お姉さま、ゴールデンアックスですの」みたいな喋り方がえれぇ可愛いです。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。