世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゲームプラザ パール」 (大阪府堺市)
今回から3回に渡りまして、「堺市シリーズ」をお送りします。
それではどうぞ↓

sakaihigashiekimae.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
南海電気鉄道高野線の「堺東」駅前にやって参りました。
画像の左側にたくさん店舗が並んでいるのですが、この奥にはアーケードが
続いてまして、その中にありますゲームセンターを求めてやって来た、というわけでございます。

sakaichikukou1_0632.jpg
「ゲームプラザ パール」というゲームセンターなんですが、
外に「堺東№1低価格 2Fテレビゲームコーナー全台20円」と書いてます。
安い!…ですが、ラインナップが気になりますよね。

sakaichikukou1_0642.jpg
さっそく2階に上がって確かめてみます。
階段にも「2F 20円ポッキリ!!」。堺東じゃなくて大阪全体でもトップクラスの
安さですね。期待感が膨らみます。

sakaichikukou1_0641.jpg
2階に上がりました。
おお…!これはタイトーの「カナリー」筐体!
これは珍しいですよね…!プレイ料金が安いだけでも嬉しいことですのに
こんなサプライズまで用意されているとは…。
来てよかったです…!

sakaichikukou1_0640.jpg
『ファイナルファイト』が置いてましたので、さっそくプレイ。
カナリー筐体でプレイする『ファイナルファイト』はまた一つ
格別なものがありました…。

レトロゲームラインナップの方は…

『ファイナルファイト』
『魔界村』
『テトリス』
『天地を喰らう2』
『ストリートファイターII』

などが置いてありました。
これらのゲームが全部1プレイ20円。いい話です…。

sakaichikukou1_0638.jpg
こういうカナリー筐体みたいなレトロ筐体は一つ置いてあるだけでも
驚くものなのですが、ここにはビックリするほどたくさん置いてます。
全部で10台ぐらい置いてました。
コナミの「DOMY Jr.」筐体も当たり前のように置いてあって凄いです。

sakaichikukou1_0635.jpg
店内の雰囲気もかなりレトロで良い感じでして、
2階の端で『魔界村』をプレイしておりますと、なかなか形容しがたい
没頭感を味わうことが出来ました。
ワンコイン(20円ですが)で5面まで行きました(笑)。
個人的に最高記録でした…。

sakaichikukou1_0633.jpg
ゲームセンター「パール」、一階もビデオゲームが充実していましたし、
メダルゲームもレトロな感じのものが何台か見かけられました。
いやー…、素晴らしいゲームセンターです。

堺をよく知る友人から聞いた話ではこのゲームセンター「パール」の近くに、
以前もう一軒、ここ以上にレトロなゲームセンターがあったとか…。
そっちの方にも行ってみたかったです…。

なにはともあれ堺は何と言いますか、なかなか奥が深いですね…。

次回は「レトロエレメカが充実したお店を堺で見つけた」の予定です。
ニチオクが以前絵に描いてみたあのエレメカが登場します。お楽しみに!
スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

天満「ABABA」と夜の阪神百貨店屋上へ
noesho_0407.jpg
前回からの続きで天神橋筋商店街をウロウロしております。
凄く長いアーケードが続いとりまして、商店街好きの僕にとっては
かなり健康に良いです(笑)。

noesho_0409.jpg
商店街アーケードを南下していきますと、「ABABA」というゲームセンターに
到着しました。
新しい系のゲームセンターかなと思っていたのですが、店の奥には
『トライゴン』(1990年コナミ)などが置いてありました。
前回の「ロイヤル」もそうだったんですが、天満のゲームセンターは
ゲームのチョイスが渋いですね…。

noesho_0410.jpg
アーケードから少しだけ外れますと、落語とかをアレする「天満天神繁盛亭」
という小屋がありました。
やっぱり人がたくさん来るところには色々ありますね…。

noesho_0411.jpg
天神橋筋商店街をウロウロした後、梅田に向かって突進してきました。
ここは夜のお店が並ぶ風俗街です。
リッチドールというお店の看板が見えますね…。
ナインティナインの岡村さんが若くて女性経験が無い頃にリッチドールへ
行ったのですが、焦るばかりで全く楽しめず、仕方が無いので記念におっぱいを
ぺろっとなめさせてもらって帰ったという話が凄く好きで看板を見かけるたびに
いつも思い出します(笑)。
岡村さんが行かれたのは天王寺の方のリッチドールらしいですけど。

すいません変な話をして…(笑)。

noesho_0412.jpg
JR環状線と梅田のHEP FIVEの間を通って梅田の中心地に向かいます。
梅田最強のオサレスポットでもあります。

noesho_0414.jpg
さっきのナインティナイン繋がりなんですが、ナイナイの矢部さんの方は15歳の頃に
ここで声をかけた大人の女性と食事をした後、そのままホテルに行って初体験を済まされたとか。
同じコンビでも、この差は大きいですよね…(笑)。

noesho_0417.jpg
それはともかく大阪駅前まで来ました!
大阪駅は現在改築中でなんだかもの凄い大きさに
なってきてます。
京都駅みたいになるんでしょうかね…?

noesho_0416.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
阪神百貨店を見上げてふと思いました。
現在18時35分。この時間ならまだ屋上プレイランドが開いているのではないか?
そう思いついて、屋上に上がってみました。

noesho_0421.jpg
屋上です。ああ…、
なるほどね…、もうビアガーデンとか始まってるんですね…(笑)。

noesho_0422.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
プレイランドの方はやっぱり閉まってますね…。

野球の試合をモニターで観戦しながら皆さんビールなどを飲んでおられますね。
阪神が点数を入れるとわーっと盛り上がって拍手をしておられました。

1970年代の資料を見ましても、ここのビアガーデンで阪神の試合を
見ながら盛り上がってる写真が見られるんですよね…。
通常は歴史ある屋上プレイランドなんですが、ビアガーデンの方も
歴史があるんですね…。

noesho_0418.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
たくさんの人がビアガーデンで楽しく飲んでおられるのを尻目に
ゲームコーナーを覗いてみます(笑)。
暗闇の中に『S.C.I.』の筐体が見えますね。
その向こうにはボンバーマンが入っている『パンチアウト!!』のアップライト筐体、
さらに向こうは『バーチャレーシング』の筐体に、もの凄く分かりづらいですが
『スペースハリアー』の筐体も見えます。

noesho_0420.jpg
レトロなエレメカも暗闇の中にたくさん見えました。
この阪神百貨店屋上が無くなったら、大阪のデパ屋はもう終わりと
言ってもいいと思います。最後に残った楽園ですね…。

noesho_0423.jpg
その後、日もとっぷりと暮れましたので、駅前ビル地下のゲームセンターへと
繰り出し、ひとしきり遊んで帰りました。


そんなこんなで今回の街ブラシリーズは終了なんですが、
振り返ってみるとやはり一番の収穫は「ステイタス筐体」でした。

次回は「堺で素晴らしいゲーセンに出会った」の予定です。お楽しみに!

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

「ゲームスペース ベガス」と「ハイテクランド ロイヤル」のある天満へGO
noesho_0389.jpg
前々回の新高殿商店街から天満の方角へ向かっておりますと、ちょっと歴史を
感じさせるグルメシティ(ダイエーグループのスーパー)を発見しました。
レトロなゲームコーナーがないか、入ってチェックしてきますね。

noesho_0390.jpg
チェックしてきました!
無かったッス(笑)。
しかし、外観のレトロ感はなかなか素晴らしいものがありました。

noesho_0393.jpg
そこから西へ向かうと川が出てきました。
カヌーに乗っている人がいたりして、都会ですがなんとなく落ち着きを感じます。
自然の中の川も素晴らしいですが、ビルに囲まれた川もなかなか良い雰囲気がありますね…。

noesho_0394.jpg
屋形船が川辺に留まってました。
僕は屋形船って乗ったこと無いんですが、お酒を飲みながら船に乗っていたら
凄く悪酔いしてしまいそうで怖いです(笑)。

noesho_0396.jpg
そんなこんなで、JR大阪環状線「天満駅」前までやって来ました。
いつ来ても活気があるところでして、街も色々なお店に溢れてます。
ゲームセンターもしかりです!

noesho_0395.jpg
この天満駅の前には格闘技の「K-1」で有名な正道会館のジムがあります。
電車に乗っていると、窓の向こうにK-1選手が見えることがあるんですよね。
そういえば、以前はK-1の記事も書いてたなあ…(笑)。

noesho_0397.jpg
それはともかく、天満のゲームセンター「ゲームスペース ベガス」に来ました。
以前にも天満のゲームセンターは記事にさせていただいたんですが、今回は
その時にスルーしてしまったゲームセンターを中心に回ってみたいと思います。

noesho_0398.jpg
ベガスの店内に入りますと、こんな感じでかなりレトロ感がありました。
ゲームのポスターの貼り方にゲームセンターとしての歴史を感じさせますよね。
店内の雰囲気はちょうど「ゲームファン桃山」ぐらいのレトロさでした。
置いてあるゲームは新しいゲームがほとんどでした。

noesho_0404.jpg
ベガスを出た後、商店街をウロウロしてますとちょっと雰囲気の良い路地を発見。
なかなか絵になる風景ですよね…。

noesho_0405.jpg
そんなこんなで商店街アーケードの中にあるゲームセンター
「ハイテクランド ロイヤル」にやって来ました。
お?2階にビデオゲームコーナーが見えますねー。
さっそく入ってみたいと思います。

noesho_0406.jpg
レトロゲームコーナーは2階の端なんですが、この篭もり感は大変良いです。
個人的に凄く落ち着いてプレイできました。
横を見るとガラス越しに天満の商店街を行きかう人が見れて気分が良いです。

レトロゲームラインナップの方は…、

『タイガーヘリ』(1985年東亜プラン)
『グリーンベレー』(1985年コナミ)

などが置いてありました。いいですね!渋いチョイスだと思います。


次回は最終回で天満から梅田まで行きます。
あまり期待せずお待ちくださいませー(笑)。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

閉店していた大阪新世界のゲームセンター「ミッキー1」が復活?
shinsekainado1_0593.jpg
開いてるじゃないですか!(笑)
こんなことがあるんですね…。ビックリしました。
ずっと閉まってたのに何事も無かったかのように…(笑)。

shinsekainado1_0595.jpg
おお…!ちゃんとゲームセンターだ!よかった。
ありがちな「実は店内は全く違うお店」というパターンを避けた!(笑)

shinsekainado1_0596.jpg
気になるラインナップなんですが…、

『究極タイガー』(1987年タイトー)
『飛翔鮫』(1987年タイトー)
『ゴールデンアックス デスアダーの復讐』(1992年セガ)
『ウルトラマン』(1991年バンダイ)

などが置いてありました。

以前、SFC『初代熱血硬派くにおくん』聖地巡礼で隣の「ダイゴ」というゲーム
センターと間違えたんですが、今回これでちゃんと聖地巡礼が出来ました…。
まあ、この際そんなことはどうでもいいんですが…(笑)。

しかしこれ、帰ってきてから気付いたんですが、
2軒隣のゲームセンター「ダイゴ」の2号店的なソレなのでは…?(笑)
と言いますのも、以前「ダイゴ」にあったゲームのラインナップと
かぶるんですよね…(笑)。
でも、表の看板には「GAMEミッキー」と書いたままなんですよ。

実は先週の土曜日にはここを訪れていたのですが、あまりにも当たり前のように
営業していましたので、「これはたぶん僕が知らなかっただけだろうな…」
と思い、いつか記事にする予定で写真だけ撮っといたんですが、
その後、一生懸命ネットで情報を調べましたところ、全くと言っていいほど
情報が出てきませんでしたので今回記事にさせていただきました(笑)。

いつから営業してたんでしょうかね…?
たぶんごくごく最近の事だと思うのですが…。
【続きを読む】

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

キリンド→関目商店街→旭国道商店街&新高殿商店街の道のり
noesho_0357.jpg
前回の「キリンド」を出た直後、なんでかよく分からないんですが、
「あ、おにぎり食べたい」という感情が湧き出てきましたので、すぐ近くにある
ローソンストアに入りました。
で、「えびピラフおにぎり」みたいなのを買ってみたんですが、おいしいですねこれ…(笑)。

noesho_0359.jpg
それはともかく、どんどん北上していきます。
関目商店街というレトロな商店街を抜けました。
別にレトロゲーム的なものは見当たらなかったです。
しかし、良い雰囲気の商店街でした…。

noesho_0365.jpg
そこからは西の方角に進路を変えまして、ウロウロしながら進んでいきますと
「旭国道筋商店街」というところにやってきました。
レトロなテント屋根が道沿いにたくさん並んでまして大変雰囲気が良いです。

noesho_0366.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
この旭国道筋商店街の奥には「新高殿商店街」というこれまたレトロな
商店街が続いているようでしたので、入ってみる事にしました。

noesho_0386.jpg
新高殿商店街に入りますと、レトロな休憩所が現れました!
おお…、カプコンのミニキュート筐体があるじゃないですか…。
いや、待った!その向こうに何かある!

noesho_0368.jpg
近づいていきます。
あれは…!

noesho_0370.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
出た!みんな、出たよー!!
カプコンのステイタス筐体!
いやー懐かしい…!そうですかー、まだ大阪にも残ってましたか…!

noesho_0372.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
2010年現在でこの画が見れるのは、もう大阪ではここだけだと思います。
いいなあ…!やっぱり懐かしいですね。

noesho_0374.jpg
せっかくの機会ですから、もう嘗め回すように見ていきます(笑)。
いいですね…、この地味な存在感…。
しかし、久しぶりに僕はステイタス筐体を見たんですが、
改めてよく見てみると、なんと言いますか、こんなに画面の角度が
低い筐体でしたっけ…?(笑)

子供の頃、家の近くの大きいレンタルビデオ店にこのステイタス筐体が
置いてあってよく遊んだのですが、その頃は「ステイタス筐体」なんて
名前だとは全然知りませんでした…。っていうか、最近知りました(笑)。
2つのスピーカーの間に分かりやすく書いてるんですけどね…(笑)。

なんで「ステイタス」という名前なのかと言いますと、
ステイタスというカプコンの子会社がつくっていたものだから、
という理由だそうですよ。

noesho_0375.jpg
下を覗き込みますと…、
おおう…、94年9月にカプコンのチェックが入ってますね。

個人的なことなんですが、以前、このステイタス筐体のアップライト版とも言える
ニューコンセプト筐体の絵を描いてみたりしたものですから、
なんだか昔の思い出+αの愛着が感じられます…。

noesho_0381_20100513145014.jpg
ゲームの方は、『マーヴルスーパーヒーローズVSストリートファイター』と
『メタルスラッグ4』が入ってました。
せっかくですので、『メタルスラッグ4』をプレイすることにしました。
1プレイ20円です。安いですね…!

noesho_0378.jpg
プレイしていますと、子供の頃に夢中になってプレイしていた時の気持ちが
同じ筐体であることによって不思議と蘇えってくるんですね…!
コントロールパネルの角度なんかも凄く懐かしいです…。

古い商店街のレトロなゲームコーナーとしては意外なほどちゃんと整備が
行き届いていました。
ボタンの反応なども悪いところは感じられませんでした。

noesho_0380.jpg
インストカードを入れるプレートもまた懐かしいですね…。

noesho_0377.jpg
隣のミニキュート筐体には『メタルスラッグ2』と『メタルスラッグ3』が
入ってました。
過去に何度も言ってきた気がするんですが、メタルスラッグシリーズが
無かったら街の小さなゲームコーナーのビデオゲームは今以上に
少なくなっていたでしょうね…。

noesho_0382.jpg
ゲームオーバーになり、
ふとミニキュート筐体越しに外の商店街を見ます。
子供の頃によく見た街のゲームコーナーからの風景という感じがします…。
この懐かしさが20円で味わえるというのは贅沢ですね…。

noesho_0369.jpg
名残惜しいですが、このへんでお別れしようと思います。
いやー…まさかこんなところでステイタス筐体と出会うとは
夢にも思ってませんでした。
このゲームコーナーの存在ってあんまり知られてないですよね…。
個人的に大発見でした。

noesho_0384.jpg
(↑クリックで拡大表示します)
そんなこんなで新高殿商店街「休憩所」を後にしました。

いやー…、しかしこうなったら僕が大阪で一番捜し求めている
「ニューコンセプト筐体」にもいつか出会える日が来るんじゃないかな?という
気がしてきました(A・SA・HA・KA)。

話は変わるんですが、この画像のミニキュート筐体を見ていただけますか?
うちのブログのヘッダー画像に描いてあるミニキュート筐体の「CAPCOM」の
文字の方向、間違ってますよね…(笑)。
それと、背面の形も全然違いますね…。
いや…、絵を描く時に、資料がね…無かったんですよね…(笑)。


それはともかく、次回は天満の方に向かって適当に色々ウロウロします。
お楽しみに!

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

放出駅~城東商店街~キリンドへの道のり
noesho_0340.jpg
前回の放出駅から折りたたみ自転車に乗ってウーロウロしながら北西の方向に
進んでおりますと、ちょっとレトロなカップラーメンの自販機を発見しました。

noesho_0339.jpg
この手のカップラーメン自販機は新しいものも見かけるのですが、
これは500円硬貨が使えなかったりで、そこそこ古いものではないかなと思います。
ボタンを中心にかなりくたびれていて古かったです。
目の前には広い公園があり、自販機にはちゃんと「おてもと」も用意してましたので、
買って食べてみようかな?と思ったのですが、あまりここいらでテレテレしていては
先の方で真っ暗な写真ばかりになってしまうと思い、先を急ぐことにしました。

noesho_0341.jpg
そんなこんなで自販機は置いときまして、さらに北西にずーっと進みますと
川が出てきました。
川面がキラキラ輝いてまして、なかなかのお天気です。探訪日和ですね(笑)。

noesho_0342.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
川を越えて、「城東商店街」というところにやって来ました。
これはぜひ画像を拡大表示して御覧いただきたいのですが、このアーケードの
テント屋根!綺麗ですよね…!
こんなに綺麗なデザインのテント屋根を僕は他で見た事が無かったものですから
見とれてしまいました。

noesho_0345.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
その美しい色合いのアーケードの下を進みますといい感じにレトロな食べ物屋が
現れました。ん?その向こうには何かが…。

noesho_03461.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
おおう…、ガチャガチャばかりでした…。
ですが、一つだけエレメカがありますね。
調べましたところ、『やったね777バブルス』(サンワイズ)というエレメカだそうです。
こういうサンワイズ系の「ジャンケンマンジャックポット型」とでもいいましょうか、
この手の形をしたエレメカは今でもちょこちょこ見かけられますよね。
サンワイズという会社自体は現在もう無くなってしまっているそうです。

noesho_0358.jpg
城東商店街を北に抜けまして、ちょっと大きめの通りに出ました。
以前、記事にさせていただいた「ハロー今福ボウル」は、ここから割と近いところにあります。
さあ、ここからどうしようか…?と考えていたところ…

noesho_0355.jpg
すぐ近くになかなかレトロな外装のスーパーを発見しました。
「キリンド」ですか…なるほど…。

noesho_0356.jpg
まあでも、何かあると決まっているわけでもないですし、
ここは先のことを考えてスルーしようかな…?と思ったのですが、
お店の前を通る時に上を見上げますと、ガラスの向こうにエレメカ的な何かが…。

noesho_03561.jpg
ああ…、あるなあ…(笑)。
んー…、新しい系のエレメカかな…?
新しい系だとは思うのですが、とりあえず確認するために入ってみることにしました。

noesho_0353.jpg
入ってみました。ああん…新しい系ばかり…。
あれ?でもさっき見た様なジャンケンマンジャックポット型のソレが二台ありますね。

noesho_0350.jpg
パチンコやスロットはともかく、この2台はちょっとレトロかも…。

noesho_0354.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)

左側が『パワーキック』(サンワイズ)で、
右側が『ぴゅう太くん』(トミー、サンワイズ)だそうです。

この左側の『パワーキック』というサッカーゲームのグラフィックが
90年台初期風でかなりいい感じでした。
調べましたところ、1994年のゲームらしいです。
いい感じにドットが荒かったです(笑)。

noesho_0352.jpg
その後、なんとなく用も無いのに最上階まで上がってきました(笑)。
「キリンド」、かなり内装がレトロで昔の街のスーパーという雰囲気が強めで
よい感じです。

noesho_0351.jpg
最上階から大阪の街を眺めますと、なかなかに気分がいいです。
これは北側の景色なのですが、次回はこの北側の街を北上していきます。
お楽しみに!

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

スーパー「コノミヤ放出店」 (大阪市鶴見区)
noesho_0335.jpg
JR片町線(学研都市線)の放出(はなてん)駅までやって参りました。

そう…、また始まりました。チラ裏感の強い「街ブラ」シリーズです…(笑)。
ろくに下調べをせず、ブラブラしてレトロゲームを探そうとするこのシリーズ、
個人的に凄く楽しいですのでまたしても始まってしまったわけです。
なんとなく「レトロゲームはないかな…?」と思いながら街をブラつくのって
ほんとに楽しいんですよね…(笑)。

レトロな商店街やスーパーを中心に当たっていけば、毎回なんらかの発見が
あったりしまして、なかなかの充実感があります。

noesho_0322.jpg
そんなこんなで、放出駅のすぐ近くにありますスーパー「コノミヤ」に
やって参りました。良い雰囲気の街中にある小さなスーパーです。

noesho_0333.jpg
「コノミヤ」というスーパーはチェーン展開しているみたいで、色んな
ところでよく見かけられるのですが、ここはその中でもちょっと外見の造りが
レトロでしたので入ってみる事にしました。
帰ってきてから知ったことなんですが、このコノミヤ、同じ系列店の中でも
一番古いところみたいです。コノミヤ自体がここから始まった的なことが
ホームページに書いてました。

hanatenkonomiyauekara.jpg
以前からグーグルアースなんかを見ておりますと、
ここの屋上にプレイランドがあった形跡が確認出来まして、ちょっと
気にはなっていました。星マークとか描いてありますよね。

hanatenkonomiyauekara11.jpg
ちょっと画像が小さくて申し訳ないのですが、こちらは1985年のコノミヤ放出店の屋上です。
はっきりとは分からないんですが、白と緑のボーダー柄のテント屋根がありますね。
間違いなく昔はプレイランドがあったと思われます。

noesho_0323.jpg
今はもう何も無いのは分かっているんですが、何か名残でもないかなと思い、
店内に入って上の階にいきます。店内の造りもかなりレトロな感じで良いです。

noesho_0325.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
最上階と言いますか、まあ2階なんですが(笑)、街の小さなスーパーとしては
珍しく最上階が広い空間になってます。
出来れば画像を拡大して御覧頂きたいのですが、この階段が以前は
屋上プレイランドに続いていたみたいです。

noesho_0332.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
広くて天井の高い空間に屋上へと続く階段がスーッと伸びているのですが、
これがなかなか昔の賑わいの名残を感じさせて良いです。

noesho_0326.jpg
この階段をガンガンガンッと駆け上っていって子供達がプレイランドで遊んだの
だろうな、と思うだけでご飯3杯いけそうになります(笑)。

noesho_0327.jpg
いかにも事務的な階段ではなく、途中カーブをえがいていたりして、
子供を屋上へと誘うやわらかな雰囲気があります。
画像の真ん中なんですが、屋上につながる扉から太陽光が差し込んでますよね。
あの先に昔はプレイランドが…。

noesho_0328.jpg
高い天井から鉄の棒で階段が吊られてまして、今の建物には無い
独特の雰囲気があります。

noesho_0329.jpg
天井全体から差し込む太陽光が、昔のデパート屋上感みたいなものを感じさせてくれます。
ぼーっと見てますと、一度も訪れたことが無いのに子供の頃の懐かしい風景を
見ている気持ちにさせられます。

noesho_0331.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
写真でどの程度レトロ感をお伝え出来たか分からないんですが、個人的に
ここの階段にはなんと言いますか、凄く創作意欲をくすぐられました。
こういう階段を上がったところにレトロゲームコーナーがあったりする絵を
描きたいな、と思うのですが…、
なかなかね…、画力の方がね…追いつかなくて(笑)

noesho_0333.jpg
そんなこんなで階段ばかり見た後、コノミヤを出ました(笑)。

noesho_0335.jpg
その後、また近くの放出駅まで戻ってきました。
ここから本格的にウロウロして、色々と街を探索しながら最終的には
梅田あたりまでいってやろうと思います。

次回をお楽しみに!…っと言いたいところですが…(笑)。
ちょっとずつマシな記事になっていきますので、
このシリーズ、ダラーっと見ていただければ…(笑)。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

1991年のゲーメストに「あうとばあん」関連の投稿ハガキを発見!
outbaan111
先日、1991年のゲーメスト9月号を購入しましたところ、「あうとばあん」に関する
投稿ハガキが載っているのを発見したんですが、何がアレって
1991年時のラインナップを書いていてくれてたんですよね。これはありがたい!
そのラインナップなんですが…、

『スペースインベーダー』 (1978年タイトー)

『ドンキーコング』 (1981年任天堂)

『熱血硬派くにおくん』 (1986年テクノスジャパン)

『ジャンピュータ』 (1981年 販売:三立技研 開発:アルファ電子(ADK))

『戦場の狼』 (1985年カプコン)

『ハイパーオリンピック』 (1983年コナミ)

『ロードファイター』 (1984年コナミ)

『タイムトンネル』 (1982年タイトー)

『ペンゴ』 (1982年セガ)

『お雀子クラブ』 (1986年ビデオシステム)

『ジョイフルロード』 (1983年新日本企画(SNK))

『1942』 (1984年カプコン)

『新入社員とおる君』 (1984年コナミ)

『超絶倫人ベラボーマン』 (1988年ナムコ)

という感じだったそうです。
そうですか…、19年前の「あうとばあん」はこんな感じのラインナップ
だったのですね…。
『ハイパーオリンピック』あたりは閉店する間際でも残ってましたね。


ちなみに以前、みぐぞうさんに教えていただいた1992年時(ぐらい)のラインナップは…

『シェリフ』 (1979年任天堂)

『サスケvsコマンダー』 (1980年新日本企画)

『サイコニクス・オスカー』 (1987年データイースト)

『源平討魔伝』 (1986年ナムコ)

『ベラボーマン』 (1988年ナムコ)

『スペースウォー』 (1979年レジャック(コナミ))

『がんばれ珍さん大勝負』 (1987年サンリツ電気)

『ストリートファイター』 (1987年カプコン)

というラインナップだったそうです。
割と1992年時のラインナップの方が近年のあうとばあんのラインナップに近い感じがありますね。

トップ画像5

で、ゲーメストのはがきのソレで触れていたんですが、ゲーメストの№2で
「あうとばあん」の紹介記事があるそうです。
僕は№2(現在はプレミアがついていて1万円以上すると思います)を
持っていないので確かめられないのですが、持っておられる方、
おられましたら、どんな内容の記事だったのか教えていただけると
嬉しいです。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

『パンクショット』 (1990年コナミ)
パンクショット5
今回はコナミが1990年に発売したバスケットボールゲーム『パンクショット』を
アレしていこうと思います。
うちのブログを普段から見ていただいている方なら、だいたいの方が
「懐かしいな!」と思っていただけると思うのですが、
割と世間には忘れられている感じがあるゲームですよね…(笑)。

ええっと、wikipediaに項目は…、無いですね…(笑)。今調べてきました。
そっか…、無いのか…。
んー…、そこまでマイナーかなあ…?

パンクショット4
僕の個人的なイメージなのですが、どちらかと言うとゲームオタク向けの
ゲームではなく、当時のゲームセンターに置いていたゲームの中では、
割と一般層向けのゲームだったと思います。
普段あまりゲームセンターに足を運ばない「ちゃんとした子」をゲームセンターに
連れてくると、だいたいこのゲームをプレイし始めるという…(笑)。

この「ちゃんとした子」というのはどういうタイプの人かと言いますと、
僕が『ストII』の面白さについて語っていると楽しんで聞いてくれるけど、
「『ストII』のこのグラフィックの描き方が…!」とか語りだすと、
ちゃんとひいてくれる人の事です(笑)。

とりわけ僕が見てきた限りでは、学校の教室の中でも「声」が大きい
グループの方がよく好んでプレイしていたんですね(笑)。
もっと分かりやすく言いますと、修学旅行のバスの中で一番後ろの席を
牛耳る方々に好まれたゲームだったと言いますか、そういう方々が同じグループの
女子の前でわいわいプレイしていても違和感が無いゲームでした。

パンクショット2
ゲームの方は、要はバスケットボールのゲームなのですが、障害物が出てきたり
相手チームの人間を殴れたり、と結構メチャクチャです。
しかし、無難によく出来てまして、しっかりとゲームを楽しめる出来になっています。
どちらかと言うと、一人でコツコツプレイするより、友達と数人でプレイすると盛り上がるゲームでしたよね。
音声や演出も意外と凝ってまして、いい感じに個性のあるゲームで、
良くも悪くも「当時のアーケードゲーム!」という雰囲気が強く、
個人的には「良い匂いのするゲームだ…」とか思ってしまいます。

パンクショット1
今回記事を書くために一応、当時のゲーメストの攻略記事を読んだのですが、
「西暦20XX年、ニューヨークでバトルバスケットの頂点を目指す二人が…」
という設定があるらしくて、「ああ…このゲーム、未来が舞台だったんだ…」と
20年越しで気付かされました(笑)。デモかなんかで言ってましたっけ…?
僕は忘れていたのか、元々知らないのか、それすら分からないです(笑)。
あまり語られない20年前のアーケードゲームですので、
まあこういう事もあるかと…(笑)。

パンクショット3
個人的には、メガドライブあたりに移植されていたらもっと脚光を
浴びたゲームだったんじゃないかな、とか思います。
もし移植されていたら…、まあ…当時は買わないにしても(買わないのかよ!)、
今レトロゲームをあさる時に見つけると心躍らされそうな気がします(笑)。

味方ゴール前から強引にロングパスをして相手ゴールにダンクシュートを
決める感覚を久しぶりにゲームセンターで味わいたいと思っているのですが
レトロゲームはレトロゲームでも、この手のレトロゲームはなかなか見かけないですよね…。
まあ、理由は大体分かるんですけどね…(笑)。

『火激』とか『戦え原始人』とか、今回の『パンクショット』とか、
こういう「無くなっても誰も困らない系」のレトロアーケードゲームが、
自分の「血」となり「肉」となっている事に若干悲しさを感じます…(笑)。
『JuJu伝説』とか…(笑)。

何はともあれ、
「いつの日か『パンクショット』の記事を書きたい!」と思いながらも、
今日までほったらかしにしてきたんですが、やっと書けました…。
と言いますのも、一つのレトロゲームブログとして『パンクショット』の記事が
あるというのは、僕個人としては凄く「かっこいいブログ」な感じがしますので
どうしても記事にしたかった、そういうわけでございます。

実際、このアメリカンな感じの画面写真がブログにあることで、
自分の中ではワンランク上がりました。何かが…(笑)。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。