世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「伏見サティ」&「イズミヤ伏見店」&「辻商店」
chusyojima1_1278.jpg
京都市伏見区にあります「伏見サティ」にやってきました。
グーグルのストリートビューで見ているとなかなかレトロな雰囲気でしたので
気になって確かめに来たというわけです。

恒例になってきました地元出身者なんですが、
漫才コンビ、ブラックマヨネーズの吉田さんが出身だそうです。
ほほう。M1王者がこの街から出てきたわけですね…。

chusyojima1_1287.jpg
それはともかくこの伏見サティなんですが、駅前の商店街アーケードから
少しだけ外れたところにありまして、いい感じで昔の「ニチイ感」みたいな
雰囲気を残してます。

chusyojima1_1280.jpg
自転車置き場のこの挟まれた感じ、どこか懐かしいです…。
ストII全盛期の頃、休日の朝にこういう自転車置き場でスーパーの開店前から
待って、開店と同時に屋上へと走っていったら、どこか違う入り口から入ったので
あろう人が既にストIIを占拠していたことがありました…(笑)。
今考えると、ストIIの人気は異常と言ってもいいぐらいでしたよね…。

chusyojima1_1281.jpg
自転車置き場にこういう自販機などがあるところもちょっと今風では
無いですよね。懐かしいですわあ、こういうの…。

chusyojima1_1284.jpg
店内に入りますと、ゲームコーナーはあったのですが新しい系の
ゲームコーナーでした。
ですが、屋上に続く階段がありましたので激写。
ここだけ階段がカラフルになってまして、いかにも昔は屋上プレイランドが
あったのを物語っている雰囲気です。
しかし今はこの通りでして、上がれなくなってました…。

chusyojima12345.jpg
昭和62年時のここの航空写真なんですけど、ゴチャゴチャっとしていて
やっぱり屋上プレイランドがあったみたいですね…。

そういえば、前回の吹田駅前さんくすなのですが、記事内で「まず間違いなく
屋上プレイランドがあったに違いないです!」とか言ってたんですが、
そんなものは一切無かったそうです…(笑)。


chusyojima1_1294.jpg
「伏見サティ」を出まして、近くにあります「イズミヤ伏見店」にも来てみました。
ん…?どこか普通のイズミヤと雰囲気が違うような…。

chusyojima1_1296.jpg
あ!イズミヤの看板が青い…!
なんで青色の看板なのか調べてみましたところ、京都の景観重視のため看板の
色に規制があるという理由だそうです。なるほど…!

chusyojima1_1299.jpg
カラフルなイズミヤの看板もいいですけど、これはこれで希少価値がある感じが
していいですね。
空と同じ色をしてますね…。

chusyojima1_1301.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
それはそうと、店内に入ってゲームコーナーまで来ますと『つるりんくん』が…!
さっそくプレイ。そしてクリア!

クリアしますと中からガシャポンの入れ物みたいなのに入った券が
出てきました。
それをカウンターに持っていきますと、
「はい、一回どうぞー」と出されたのが、あの…、
ガラガラ回す…、あの八角形の…、あれ正式名称なんて言うんですかね…?(笑)
漫画とかによく出てきて主人公が回すとたいてい旅行券が当たるあのガラガラです。
あれを回してくださいと言われました。

なにはともあれガラガラを回すと白い玉が出てきまして、お菓子を選んでください
とのこと。チョコレートをゲットしました!

調べてみますとあのガラガラ、「新井式廻轉抽籤器」(新井式回転抽選器)というの
が正式名称だそうです。へえ…知らんかった…。

chusyojima123456.jpg
昭和62年時のここのイズミヤの屋上を航空写真で調べてみますと、
ありますね、プレイランド的な何かが。
人工芝が敷いてあったのか屋上が緑色でプレイランド感強しです。
この屋上にあった『つるりんくん』が今の屋内のゲームコーナーに
降りてきたのかもしれませんね…。

chusyojima1_1304.jpg
その後、イズミヤ伏見店を出まして、ついでじゃないんですが、
「辻商店」という駄菓子屋兼ゲームセンターなお店にも寄りました。

駄菓子屋を兼ねておられるということで、狭いお店を想像していたのですが、
意外と広いところでゲームセンターのカウンターが駄菓子屋になっているという
感じでした。
お客さんも多くて新しい系のゲームが中心のお店でした。

ただ、相当昔からやっているお店なのではないかなと思われるレトロさは
そこかしこに見られて良いゲームセンターでした。

chusyojima1_1305.jpg
おまけの日が沈む直前のかっこいい京都駅です(笑)。
いつ見ても京都駅はでっかいのう…。
スポンサーサイト

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

「吹田さんくす ゲームコーナー」(大阪府吹田市)
kishibenado1_0721.jpg
JR東海道本線「吹田駅」前までやってきました。
えー…、吹田市出身の有名人をwikipediaで調べますと…
(↑最近この入り方にはまってます(笑))

バイオリニストの葉加瀬太郎さんに、俳優の京本政樹さん、ふむふむ…。
あ!ナインティナインの矢部さんの名前が!
ナイナイの矢部さんは以前「俺は昔ゲームセンターでハングオンをよくやってた。
上手かったで俺は。」と仰ってました。

相方の岡村さんは「俺はムーンクレスタやらせたら…」といいかけたところで
話をさえぎられてました(笑)。

話がどんどん脱線していくんですが、僕はナインティナインのオールナイト
ニッポンをもうかれこれ13年ぐらい聴いてるんですよね…。
ファンとして、ほんとに岡村さんが心配です…。

kishibenado1_0719.jpg
話をゲームコーナー探訪に戻しまして、
この駅前の「吹田さんくす」というところにゲームコーナーが
あると聞いてやってきたわけなんですが、なにやら上にテント屋根のゲーム
コーナーらしきものが…。
もしかして屋上プレイランドが?

kishibenado1_0724.jpg
違いました…(笑)。単なる階段みたいですね…。
んー…、でも昔は屋上プレイランドがあって、そこにに繋がる階段だった
というような雰囲気が無くもないですので、ゲームコーナを訪れた後に
一応チェックしにいきますね。

kishibenado1_0705.jpg
それにしてもこの吹田さんくす、なかなかのレトロ感をかもし出している建物です。
相当な年月、地元の方に愛されてきたという雰囲気を感じます。

kishibenado1_0709.jpg
こういうちょっと古ぼけた感じのレストランなんかがあるところもいいですね…。
「子供の頃にオカンにつれてこられた感」みたいなものを感じさせます(笑)。

kishibenado1_0710.jpg
電球に縁取られたでっかい矢印が下方向を指してましたので、何かなと
思ったらどうやら食堂街が地下に広がっているみたいです。
色彩豊かな案内板がレトロでいいですね。

kishibenado1_0700.jpg
食堂街はともかく吹田さんくす内に入りますと、入り口からなかなか良い雰囲気です。天井に電球がたくさん付いていてちょっとバブル感アリです(笑)。
ガラスに書かれた「ファッション ドリーム202」というのも今風ではない感じがありますね。

kishibenado1_0703.jpg
ゲームコーナーまで上がってきました。
『ワニワニパニック』がある以外は新しい系の綺麗なゲームコーナーでした。
ゲームコーナー自体は意外と広いところです。

kishibenado1_0704.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
このエスカレーターをドキドキしながら上がってきてゲームコーナーに
飛び込む子供が今も昔も変わらずいるのではないでしょうか。
あ、天井のステンドグラスのライトが時代を感じさせますね…。

kishibenado1_0730.jpg
外から見えていた例の階段があるところまで来ました。
ガラスの向こうにその階段が見えてますよね。
さっそくチェックしたいと思います。

kishibenado1_0713.jpg
ああ…、どうやら駐車場に続く階段みたいですね…。
とりあえずドアを開けて階段を上がってみたいと思います。

kishibenado1_0714.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
あ!これはまず間違いなくこの先に屋上プレイランドがあったと思います。
そういう雰囲気が結構強く感じられます。

こういう狭いところを抜けた後に開放的な空間が広がっていると感動も
また倍増しする感じがして、子供の頃はもうワクワクさせられたものでした…。

kishibenado1_0716.jpg
階段を上がってきました。
ああ…、当たり前ですけど先に広がっているのはやはり駐車場でした(笑)。
でも、この先にプレイランドがあるのを想像するだけでも僕はご飯3杯いけます(笑)。

kishibenado1_0718.jpg
この柵の前には、子供用の乗り物やエレメカなどが並んでいたりしたんでしょうね…。
そして柵の向こうには賑やかな吹田の街…、いい雰囲気だったと思います。
とか言ってて、そういう事実は一切無かったら噴飯ものですね…(笑)。

なにはともあれ、「吹田さんくす」、ゲームコーナーは新しい系でしたが、
建物自体がレトロでなかなかに楽しめるところでした。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。