世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ダライアスII』1989年タイトー
ダライアスII1
ダライアスII2

「ダライアスIIは名作である」という事を知りつつも、なんとなく子供の頃はあまりプレイすることがありませんでした。初めてプレイした時に、難しいゲームという感覚を持ってしまって、自分の畑とは違うゲームだと思ってしまったのかもしれません。

ダライアスII3

二画面バージョンと三画面バージョンがありましたが、どちらかと言うと僕は『ダライアス』の筐体を流用した三画面タイプの方をよく見かけた気がします。

ダライアスII4
ダライアスII5

子供の頃あまりプレイしなかったのは、一度ミスすると復活が難しかったためかもしれないですが、大人になってからプレイすると、難しいということ以上に、よく出来たゲームであることに気付かされ、筐体を見かけるたびにプレイするようになりました。

ダライアスII6

この頃の「名作」と言われるゲームに共通することなのですが、『ダライアス』シリーズは、単なるよく出来たゲームであるだけでなく、他のゲーム会社の開発者をビックリさせてやろうというような気概があり、そういった熱い気持ちが感じられるゲームだったと思います。

ダライアスIIサントラ

サントラに関しては、子供の頃、僕はZUNTATAにあまり興味がなかったのですが、近年、ブックオフで750円という安価で売っていたので購入したところ、その内容が素晴らしく、「これは子供の頃に聴いておくべきだった…!」と後悔しました。

ダライアスIIメガドラ

実は、メガドライブ版からやりこみ出した方なのですが、メガドライブ版→アーケード版→メガドライブ版、という感じで帰ってくると、ボスが差し替えられていたり演出が削られていたりする部分が目に付きますが、メガドライブ版も本当によく出来ていて、移植を担当した人達の『ダライアスII』に対する「愛」が感じられる移植だと僕は思います。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。