世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ザ・キングオブドラゴンズ』1991年カプコン
キングオブドラゴンズ1

元々はTSR社のテーブルトークRPG『Dungeons&Dragons』の業務用アクションゲームとして作られていたのですが、版権に関する許可が出なかったため、『The King of Dragons』の商品名でリリースしたそうです。

キングオブドラゴンズ2

『天地を喰らう』と『マジックソード』を足して2で割ったようなゲーム性で、細かい演出にいたるまで本当に良く出来ていたのですが、僕の中では「なんか違う」という印象を今でも持っています。『ストリートファイターII』以後のカプコンのゲーム、例えば『ワンダー3』や『キャプテンコマンドー』なども共通していると思うのですが、なんというかカプコンが「守り」に入ってしまったような、そんな印象があるゲームです。

キングオブドラゴンズ3

『ザ・キングオブドラゴンズ』よりも良く出来ているとは言えない過去のカプコンのゲームの方が神秘性があるというか、なんとなくそんな感じがするのです。このへんのニュアンス分かっていただけると嬉しいんですが…。じゃあ、あんまりプレイしなかったのかと言うと、むしろ『天地を喰らう』や『マジックソード』以上によくプレイし、その面白さもある程度分かっているつもりなのですが、「なんか違う」という気がしてしまうのです。

キングオブドラゴンズSFC

アーケード版『ザ・キングオブドラゴンズ』をよくプレイし、尚且つスーパーファミコン版も購入していたにもかかわらず「なんか違う」という気持ちが今もってあります。スーパーファミコン版は、僕にとって微妙な時期のカプコンのアーケードゲームがSFCに移植されたこと自体、「逆におもしろい」と感じ購入してしまったぐらいです。好きか嫌いかと聞かれれば、好きなんですが…うまく言い表せないですね…。何が違うのかなあ…。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
あ、俺もこのゲーム大好きですよ
今でも見かけたら(エミュ筐体含む)必ずコイン入れますもんw

んー
もしかして、この違和感というのは
「当時のカプコンでは考えられないくらい難易度調整が甘い」
「『遊ぶ』というより、むしろ『魅せる』に重点を置いた作り」

この2点ではないでしょうか?
今までのカプコンのゲームだと、僅かなミスで命取りになるのが定番ですが
このゲームの場合、確かにそういったポイントも兼ね備えている割に
以外とすんなりかわせてしまうんですよね
言い方を変えると、どの敵も簡単にパターンにはめれるので
ボス以外にハラハラ感が無いんですよね

あと、魔法使い強すぎw
2010/08/19 (木) 14:03:51 | URL | れみぃ #-[ 編集]
■れみぃさんへ

なるほど…、そういう違いには気付きませんでした。
仰られるとおり、それまでのゲームと違って簡単ですもんね。
ストIIのヒット後なので一般層に受ける簡単なゲーム作りを
目指したのかもしれないですね…。
逆に言いますと、僕は昔のカプコンのゲームの難しすぎたりする部分に
魅せられているということなんでしょうね…。
2010/08/19 (木) 21:58:14 | URL | ニチオク #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。