世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『シスコヒート』1990年ジャレコ
シスコヒート筐体



ジャレコは家庭用、業務用問わず全般に言える事なんですが、アイデアが良くグラフィックのセンスも良いのに、「動き」や「ゲームシステム」の部分で失敗しているゲームがもの凄く多いというか、むしろほとんどがそのパターンだという本当にもったいないメーカーだと思います。

この『シスコヒート』も例にもれず、サンフランシスコを舞台にした抜群のグラフィックセンスや演出を見せながらも、動きやゲームシステムで失敗しており、二流、もしくは三流のゲームとなってしまいました。

僕はこういうジャレコの駄目な部分も、一つの「味」として愛せる方なんですが、YouTubeなどで何気に動画を見かけたりなんかすると、改めてやっぱり「もったいないなあ…」と思ってしまいます。例えば、当時のジャレコに『アウトラン』を作った鈴木裕氏の様なスタッフがいて、時間をかけて練りこんでいれば名作に成りえただろうに…とか考えてしまいます。

効果音やグラフィックの雰囲気がどこか「デパート屋上に置いてそうなゲーム」感を強く出しているゲームで、出来れば一デパ屋に一シスコヒートという感じで置いてて欲しいゲームではあります。
  

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。