世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『サンダーブレード』にまつわる個人的な話
サンダーブレード筐体

高校時代、高校の最寄駅の近くに関西限定のスーパーマーケット「近商」があったのですが、その近商の中にある喫茶店でよく友人と時間を潰していました。ある日、一人の友人と僕の二人だけでその喫茶店にいたのですが、その友人がタバコを吸いたいと言い出したので、喫茶店を出てそのスーパーの屋上に上がりました。

僕自身は高校時分でタバコを吸う様な子ではありませんでしたので、その友人がタバコを吸っている間、管理人もろくにいない屋上のゲームコーナーで『サンダーブレード』をプレイして時間を潰しました。その時に初めて『サンダーブレード』のおもしろさを知り、スプライトが豪快に拡大縮小するのを見ながら「これはぜひ、家でプレイしたい!」と思い、既に安くなっていたメガドライブ版の『スーパーサンダーブレード』をその日のうちに中古で購入しました。

メガドライブは以前から購入していたものの、『大魔界村』しかソフトを持っていなくて、その『大魔界村』にもそろそろ飽きだした頃だったので、久しぶりにわくわくしながら家に帰り、プレイしてみたのですが、そこにはスーパーファミコン版『餓狼伝説』を彷彿とさせるなにかがあったため、僕は割と強めのT・B・Sにかかってしまいメガドライブというハードそのものが信用できなくなってしまいました。

T・B・Sは、その後購入した『ストライダー飛竜』と『ザ・スーパー忍』により完治したのですが、『サンダーブレード』はやはりアーケードに限る、と今でも思います。先日、久しぶりにその『サンダーブレード』があった「近商」へ行ってみたのですが、屋上そのものに上がれなくなっていました。スーパーの屋上で感じる『サンダーブレード』の浮遊感はまた格別なものがあったのですが、残念です。


0:10から『サンダーブレード』の筐体です。じっくり見ていると懐かしいですね。こんな良いものが近所のスーパーの屋上にあったなんて…。もっともっとプレイしておけばよかった…!

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
『T・B・S』・・・ウケました(笑)
僕はアウトランで完治しましたよ!
2009/02/11 (水) 14:57:00 | URL | 僕。 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
『アウトラン』は移植度が高いですから確かに治りますよね!(笑)

僕。さんの「T・B・S」という表現が凄く面白くてツボにはまってしまったので、
あえて世間一般に知られた専門用語の様にさらっと使ってみました。
「知ってて当然ですよ」という雰囲気を出してやったわい…(笑)。

これ、流行るといいのに…!
2009/02/11 (水) 15:28:37 | URL | ニチオク #-[ 編集]
俺のT・B・S
俺のT・B・Sは『スーパーサンダーブレード』と同時発売の『スペースハリアーⅡ』でした。
とにかく、世界観と微塵もマッチしないグロテスクなデザインの敵キャラに嫌悪感バリバリでした。(真珠貝とかカエルとか、センス無さ過ぎ!)
それらキャラクタが、スプライトの拡大縮小機能のないメガドラですから、ガックガクの動きで迫ってくるんですわ。
本家『スペースハリアー』が大好きだった自分にとって、ありえない作品であったことは間違いありません。
まして、大事なローンチタイトルでありながら無印の移植ではなくあくまで『Ⅱ』の文字を冠したり、前述の拡大縮小機能の未実装や貧弱なヴォイス(クリアなヴォイスを鳴らすとBGMが途切れる。BGMとヴォイスを同時に鳴らすとヴォイスがガラガラ声になる)などのハードの不得意分野を前面にアピールするセガに対して、「本当にメガドラを売る気があるのか?」と強烈な不信感を覚えたもんです。
類似内容の作品を、それもたった2本だけがローンチタイトルで、その後に続く作品がなかなか発売されず、発売されたら軒並み低品質というセガのメガドラ販売戦略の拙さも不信感に拍車をかけましたね。

私のT・B・Sが緩和されたのはMEGA-CDの『シルフィード』でしたね。
あくまで緩和されただけで、セガに対する不信感はいまだ消えていません(笑)。
続くMEGA-CD、サタ-ン、ドリームキャストと、同じような光景を見せられ続けましたからねぇ。

長文、失礼しました。
2009/11/08 (日) 11:04:18 | URL | 73式 #-[ 編集]
サンダーブレードは私の行き着けのスーパーの
ゲームコーナーにも一瞬だけ置いてました。
当事あの筐体を見てプレイして「これ自作できないかな」と思ってました。
今でも一人っきりで職場の回転式の椅子に座っていると、ついついサンダーブレードごっこなんぞをやってしまいます…。
その光景を見てしまった人はT・B・Sですね。
2009/11/08 (日) 11:43:16 | URL | 焼鉄色 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
73式さんへ

まずは、世間に浸透させたい僕。さんの言葉「T・B・S」の
普及活動に参加していただきありがとうございます!(笑)

セガはなんであんなにハードの滑り出しが酷いんでしょうねえ…。
僕も長い間、セガファンでありながらそこには苛立ちを感じていました。
ハードを撤退した今も「なんでこんなことするんだ!」と
言いたくなるような体質は変わってないのがホントに残念です…。

でも仰られるとおり、『シルフィード』みたいな
びっくりするほどよく出来たゲームも出てくるんですよね。
だからこそ、苛立ちを覚えてしまうのかもしれませんね…。
任天堂のSFCが発売当初から凄く上手く立ち回っていたのと比べて、
なんとも言えない気分になっていたのを昨日の事のように思い出します…(笑)
2009/11/08 (日) 14:14:17 | URL | ニチオク #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
焼鉄色さんへ

僕。さんの言葉「T・B・S」の普及活動に
参加していただいてありがとうございます!
(使っていただいた方には必ず言うことにしました)

サンダーブレードの筐体を「自作できないかな」と
考えられたのが凄いですね…!
でも、言われてみれば他のゲーム筐体と違って
モニターと椅子とスロットルだけという感じですから、
自作できそうな感はありますね…。
しかし、アーケード基板を手に入れないとメガドラ版では
元も子もないという感じですね(笑)。
2009/11/08 (日) 14:17:46 | URL | ニチオク #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。