世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『チキチキボーイズ』1990年カプコン
チキチキボーイズ1

1990年前後のカプコンアーケードゲームは『ファイナルファイト』や『マジックソード』などのリアル路線と並行して、子供向けのグラフィックのゲームもよく発売していました。この『チキチキボーイズ』もどちらかというと子供向けだったと思うんですが、中身は本当によく出来ていて水準以上の出来だったと思います。

チキチキボーイズ2

『ドラゴンボール』で有名な鳥山明氏の絵をアレしたビジュアルシーンも今となっては一つの味として良さがあり、全体的に独特のほんわかした雰囲気を作り出すことに成功しています。このほんわかした雰囲気を助長させるBGMがこれまた素晴らしく、個人的にはCPシステム1のゲームの中でも最高峰のものだと思っています。

ストIIサントラカバー

『ストリートファイターII』のサントラに、おまけのように『チキチキボーイズ』のBGMが収録されているという扱いなのですが、音の使い方などもよく工夫されており、また曲自体も本当によく出来てます。あんまり話題にならないのがもったいないと思うぐらいです。

PCエンジンに移植された『チキチキボーイズ』のCDを使ったアレンジ曲は、「鳴って欲しい音」がおとなしかったりしてちょっとだけ残念なのですが、メガドライブに移植された『チキチキボーイズ』の方はBGMがびっくりするほどよく出来ていて、聞き取りにくい音が多いCPシステム1の音よりむしろ聴きやすい部分もあり、また雰囲気を壊すものでもない素晴らしいものです。

『チキチキボーイズ』のBGMを高水準で移植したところで、そんなに売上には繋がらないことは当時でも分かっていたことでしょうに、それでもここまでやったところに移植を担当した人間の「職人魂」を感じます。



↑はメガドライブ版(ジェネシス版)の『チキチキボーイズ』のボス集動画なのですが、タイトルでかかっているメインテーマを聴いていただきたくて見つけてきました。ほんわかした雰囲気の中にも泣けるメロディーがあって良い曲なのですが、うまく移植されています。ボス戦での怖い感じの曲もほんわかした曲とのメリハリがついていて雰囲気バッチリです。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。