世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『レールチェイス』セガ 1991年
レールチェイス1

映画『インディ・ジョーンズ魔宮の伝説』を模して制作されたと思われるセガの『レールチェイス』です。セガはこういう映画などの「このシーンがゲームになったらいいな」というようなアイデアをストックしておいて、技術的に可能になった時点で開発しリリースするのが得意でした。

『インディ・ジョーンズ魔宮の伝説』を観た人なら誰もがひっかかるあのトロッコシーンは、そのほとんどのシーンがミニチュアを使って撮影されたものだったそうなんですが、『レールチェイス』の方は、スプライトを駆使して3Dの空間を上手く作り上げていました。

レールチェイス2

時代はその後ポリゴンに取って代わられましたが、スプライト3Dゲーム時代末期のゲームだけあって、本当によく出来た世界観になっています。しかし、トロッコに乗っているガンシューティングであるため、スプライトはめまぐるしいほど早く通り過ぎていき、しっかりと描かれたスプライトやその世界観をじっくりと眺めることが出来ないのが残念です。

ラスボスを倒した後、前を向いて少しだけゆっくりと街の中を進むシーンがあるのですが、こんな感じのスプライトだけで構成された3D空間をゆっくり移動して物語が進行するRPGがあったら凄くやってみたいなと思います。



ちなみにこのゲーム、1P側と2P側で撃てる敵が限定されているので、1クレジットでクリアーすることは理論上不可能なのだそうです。

コメント
この記事へのコメント
小さい頃に何度か遊んだ記憶あります(類似ゲームかもしれません)。
難しかった記憶も・・・
でも、動画のプレイヤー、わりと簡単にクリアしてますね(笑)
筐体でいまプレイしても、カーブなどの場面は身体が反応して動くんだろうなぁ。
あと、動画の9分28秒のシーン、ちょっと好きです。。。


2009/03/12 (木) 19:24:46 | URL | 僕。 #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
仰るとおり、この動画のプレイヤーが妙に上手いんですよね(笑)。

記事を書きながら、凄くそれがひっかかってて「1クレジットクリアは不可能」
と書きながらも、動画のプレイが妙に上手くてどこか説得力がないなあ、という気がしてました。

9分28秒のシーン、ウケました!(笑)
僕。さん、あなたって人は…(笑)。

2009/03/13 (金) 18:46:21 | URL | ニチオク #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。