世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「おもちゃのタツヤ」 大阪市平野区
hiranonado 017
(↑画像はクリックで拡大表示します)
大阪市平野区にあります長吉中央商店街にやって参りました。
僕が子供の頃、この商店街の中にあったおもちゃ屋にアイレムの
『スパルタンX』が入ったミニアップライト筐体が置いてあり、
ファミコン版より難しいソレを必死にプレイした記憶がありまして、
久しぶりに来てみました。

hiranonado 016
(↑画像はクリックで拡大表示します)
このお店です!うわー…、20年前とあんまり変わってない…(笑)。
ミニアップライト筐体が置いてある場所も全く一緒です!
現在はNEO19というSNKのミニアップライト筐体になってますが、昔はここに
『スパルタンX』が入った水色のミニアップライト筐体がありました。

SNKのミニアップライト筐体の右側に置いてある黄色いエレメカを御覧下さいませ。
以前御紹介させていただいた「3ちゃんや」というおもちゃ屋さんにも
同じタイプのエレメカが置いてありました。
なぜか東住吉区から平野区にかけてよく見かけられます。
記憶には無いんですが、もしかしたら僕が子供の頃に『スパルタンX』をプレイ
していたその横には既にこのエレメカが置いてあったのかもしれませんね…。

なんにせよ、子供の頃の思い出のおもちゃ屋が今もそんなに姿を変えず
残っていることが凄く嬉しかったです!
「おもちゃのタツヤ」、いつまでも残っていて欲しい良いお店でした。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
TSUTAYAよりタツヤ!
「おもちゃのタツヤ」ですか?

TSUTAYAが隆盛を究める昨今、アナグラムを施したような名前にグッときます(笑)
…もっとも「タツヤ」さんの方が歴史がありそうですが(笑)
『スパルタンX』の筐体機…ありましたねぇ~…懐かしい。

私も夢中でプレイしたクチです。(笑)

ただ当時、映画とはタイアップしてたものの、その内容はまさに「同名異種」の全く別物でしたね?(苦笑)

…こうした「大人の都合」で子供の乏しいこずかいを巻き上げる事業戦略…恐ろしきかな資本主義経済…です(爆)

当時から映画もゲームも大好きだった私としては正にダブルパンチの経済ショックでした(^。^;)

…かっこいいジャッキー…憎らしい程強いベニー・ユキーデ…類いまれ無き美しさのローラ・フォンネル…極めつけはスイッチ1つで屋台に早変わりするスパルタン号…そのどれもが殆どゲームには反映されていませんでしたね?(苦笑)

…ユン・ピョウ、サモ・ハンは言わずもがな…でした(爆)
2009/10/07 (水) 11:06:51 | URL | おりおのび~る #-[ 編集]
話は逸れますが、子供の頃はテレビで放送されるジャッキーチェン
の映画をよく見てましたね。
「プロジェクトA」「スパルタンX」「酔拳」「蛇拳」・・・などなど。
もちろんファミコンの「スパルタンX」も買いましたよ。
映画とかけ離れた出来に少々がっかりもしましたが。
2009/10/07 (水) 14:05:22 | URL | miura #-[ 編集]
コメントありがとうございます!
おりおのび~るさんへ

TSUTAYAとホント似てますよね!
僕もそれは凄く心にひっかかりました(笑)。

『スパルタンX』の映画との「同名異種」っぷりは本当に酷かったですよね!
ゲームとしてはよく出来たゲームなんですけどね。
僕もたくさんこづかいを巻き上げられました(笑)。

それにしても、この頃は映画に元気というか華やかさがあって、
それに伴うようにゲームも勢いがあって良かったですよね。

「スパルタンX」の映画無視っぷりを反省しつつ、
ジャッキーチェンが出演していた昔の映画をあえて
今の技術でゲーム化して欲しいなあとか思ったりします。

権利の関係とかで絶対無理なんでしょうけど、
野球ゲームとかも今の球団じゃなく、80年代ぐらいを舞台にして
実名で選手が出てくるものにしてくれればいいのに!
とかよく思ったりします。

今の技術で緻密に描かれたテクスチャーに、ポリゴンで動く
阪急時代のブーマーとか近鉄のデービスとかが見れるだけで
「買い」のような気がします!(笑)


miuraさんへ

ジャッキーチェンの映画は本当にしょっちゅうTVでやってましたよね!
今でも時々やりますもんね。特に「プロジェクトA」や「酔拳」は
もういったい何十回放送されたのやら…という感じですよね。

ゲームの方は映画とはちょっとかけ離れ過ぎてましたよね(笑)。
開発スタッフが一切映画を見ていないとかそんな理由らしいですね(笑)。
内容もこれ、完全にブルースリーの『死亡遊戯』ですもんね(笑)。
「格闘映画ってこんな感じでしょ?」というイメージだけで作った
ゲームがそこそこヒットするというのが、今じゃ考えられないですけど
いい時代でしたよね…!
2009/10/07 (水) 19:48:53 | URL | ニチオク #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。