世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名古屋探訪記7 1970年代の外装を残すゲームセンター「UFO M1」
nagoya1_1063.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
「UFO M1」…!ほんとに凄い外装ですよね…!
こんなにもレトロな外装を残しているゲームセンターが、2010年現在まで
改装されることなく残っている奇跡に感謝してしまいます。

nagoya1_1076.jpg
こういう電球が付いたゲームセンターの看板をたくさん見てきたのですが、
この「UFO M1」はその中でも特別にレトロさを感じさせます。
デザインも味があって素晴らしいですよね…。
「昔のゲームセンター!」という雰囲気が出ていてたまらないです…。

nagoya1_1065.jpg
店内に入りますと、エアロシティ筐体が置いてあったりしまして、
やはり今のゲームセンターとは雰囲気が違います。
1階のゲームは全体的に新しい系が多いですね。

nagoya1_1064.jpg
この画像じゃちょっと分からないんですが、店内は意外と賑わってました。
だいたいこういうレトロな外装のゲームセンターって、あまりお客さんが
いなかったりしがちなんですが、この「UFO M1」は地元の方に愛されている
という感じがしました。

nagoya1_1066.jpg
階段を上がって2階へ。
階段の雰囲気も今のゲームセンターとは違って雰囲気がありますね…。

nagoya1_1067.jpg
2階に上がるとビックリです!ラインナップが凄いです…!

『フィールドコンバット』(1985年ジャレコ)
『忍者くん 魔城の冒険』(1984年UPL)
『ソロモンの鍵』(1986年テクモ)
『TWIN COBRA』(タイトーの究極タイガーの海外版)
『飛翔鮫』(1987年タイトー販売、東亜プラン製作)
『クイズ殿様の野望2 全国版』(1995年カプコン)
『ファイナルファイト』(1989年カプコン)
『ストリートファイターII』(1991年カプコン)
『テクモワールドカップ '90』(←間違ってたらすいません、記憶が曖昧で…)
『テトリス』(1988年セガ)
『コラムス』(1990年セガ)
『雷電II』(1993年セイブ開発)


などが置いてありました!
これらのゲームが20円~30円でプレイ出来ます!
この画像では分かりにくいのですが、雰囲気も素晴らしくて
「こんな空間が自宅の近くにあれば…!」と思ってしまいます!

nagoya1_1074_20100924002654.jpg
左からセガの「エアロシティ」筐体にカプコンの「Qグランダム」筐体、
SNKの「MVS」筐体、その向こうには『レイブレーサー』の筐体ですね。
僕は久しぶりに「Qグランダム」筐体を見かけて感動してしまいました!
懐かしいです…!

nagoya1_1073.jpg
この光景は今のゲームセンターでは無いですよね…。
いいですわあ…、落ち着きますわあ…。
ズラッと並ぶエアロシティの中にはレトロな麻雀ゲームがたくさん入ってました。

nagoya1_1072.jpg
麻雀ゲームの事を全然知らないのが残念かつ申し訳ないのですが、
もしかしたら凄くレアな麻雀ゲームもあるかも、です。

nagoya1_1071.jpg
僕の写真の撮り方がへったくそで雰囲気が伝わらないと思うのですが、
このレトロ感はまさに昔の「街のゲームセンター」ですね…。
外装の素晴らしさはさることながら、内装も凄く僕好みのレトロさでして、
なんだか夢を見ている様な気持ちになれました…。

nagoya1_1070.jpg
独特のレトロな雰囲気に包まれながらプレイする『忍者くん 魔城の冒険』の
楽しさと言ったら…!
おそらく名古屋の方にとってこの「UFO M1」はちょっとした「あうとばあん」的な
ポジションだったりするんでしょうね…。いいところです、ほんとに。

nagoya1_1075.jpg
いやー…、ずっと前から一度訪れてみたいと夢見ていました「UFO M1」を
僕はついに味わってしまったのですね…。感慨深いです…。
外装があまりにもレトロですので、もう今すぐにでも潰れてしまうのではないかと
思って焦っていたのですが、活気のあるゲームセンターで安心しました。

nagoya1_1077.jpg
(↑画像はクリックで拡大表示します)
名残惜しいのですが、そろそろ次のゲームセンターへと向かうため
おいとましたいと思います。
何度も振り返ってその光景を眺めるのですが、何度見てもほんとにレトロで
素晴らしいです。
もしかしたら2010年現在、日本一レトロな外装のゲームセンターなのでは
ないでしょうか…?

nagoya1_1078.jpg
そんなこんなでまたしても自転車で走り出します。
ああ、やばいです!夕日が沈みかけている!
暗くなってしまう前にもう一軒、どうしても外装を見ておきたいゲームセンターが
ありますので、急いで自転車を走らせるのでした。

続きますー。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
やっぱり良いですね
どうもこんばんは。
M1やっぱり良いですね!
駅からほんの少し離れていたので、学生の頃は
それほど多く行きませんでしたが、印象深い所です。
やっぱり1プレイ50円以下というところが素晴らしいです。

M1には1年半くらい前に訪れたんですよ。
しかも片道30キロばかりかけて自転車で遠出の遊び。
2階のラインナップもその頃とあまり代わってない感じです。
でも残念な事に2階のゲームってモニターが疲れてる物が
多かったりするんですよね。
味があると言えばあるんですけどね。

実は学生の頃、2階にはテーブル筐体が所狭しと
並んでいたんですよ。
当時は(今もそうだと思いますが)学校帰りの学生で
賑わっていました。

それにしても改めて外装を見るとスゴイですね。
なんかインベーダーとかありそうな感じ。
こういったゲーセンはずっと残っていてほしいものですね。

ではまた次回楽しみにしています。
2010/09/26 (日) 00:50:18 | URL | みっく #GCA3nAmE[ 編集]
腹痛救済ありがとう、M1!!
昨年12月16日に遠征しました時は、フィールドコンバットは2F入り口を入った左手すぐに30円で、その後ろにテクモワールドカップが20円で稼動していました。


<担当のココが気になるのコーナー>
・1Fは手動なのに、意外にも2F入り口が自動ドア!!
・大抵タイトルに『新』って付いているのが気になる。
2010/09/26 (日) 01:51:10 | URL | 連射回路担当 #-[ 編集]
ここもまた・・・
凄いゲーセンですね!

何と言っても外観に圧倒されます。昔のパチンコ屋と同じ匂いを感じてしまいます。

所狭しと並べられている筐体もしっかり整備が行き届いているようで素晴らしいですね。
2010/09/26 (日) 07:45:04 | URL | nob #mQop/nM.[ 編集]
コメントありがとうございます
■みっくさんへ

こんばんはですー!

そうなんですよね、外装はおそらく1970年代から変わってないと
思われますのに、そこに書かれている「1プレイ50円 20円、30円…」
というのも変わってないのには驚かされました…!

30キロも自転車で行ったんですか…!
しかも片道だけで30キロですか!凄い距離ですね!
いや、でも目的地がM1であれば僕ももしかしたら
そのぐらいの距離を自転車で走れるかも、です。
あ、でも、帰りは心が折れそう…(笑)。

以前はテーブル筐体が並んでいたんですね!
思い出してみれば確かに、テーブル筐体が置いてあったという
名残を感じられる雰囲気でした。
その頃のM1にも訪れてみたかったです…!

いやー仰るとおり、このM1はずっと残っていて欲しいですよね!
三越屋上の観覧車が文化財になるなら、このM1も…!


■連射回路担当さんへ

僕が訪れた時もフィールドコンバットとテクモワールドカップは
その位置でした!あのちょっと奥まった空間の篭もり感が
また素晴らしかったんですけど、写真撮るの忘れました…(笑)。

ああ!なんかコーナーが…!(笑)

<ニチオクのお返事コーナー>

・2階って自動ドアでしたっけ!?うわ、全然覚えてないです!(笑)

・「新」って付いてましたね!(笑)ああいう「ん?」と思うような
何かが書かれているのもまた、レトロなゲームセンターならではの
風物詩的なものかもしれないですよね(笑)。


■nobさんへ

なるほど!確かにゲームセンターというよりは
昔のパチンコ屋っぽい建物ですね!
なんとなく昔よく見かけたような気がしていたのですが、
その理由が今はっきりと分かりました(笑)。

ここまでレトロなゲームセンターって故障が多かったりして
まともにゲームが出来なかったりする事があるんですけど、
そういうのは無かったですので安心しました!
2010/09/26 (日) 23:04:57 | URL | ニチオク #-[ 編集]
これは僕もちょっと遊びに行きたいゲーセンですね~。
外観が素敵すぎます。
チビッ子を寄せ付けないオーラもたまらない。
『怒首領蜂 大復活』なんてあったら、朝から晩までコイン投入ですよ!下手なので…(笑)
2010/09/27 (月) 02:02:52 | URL | 僕。 #-[ 編集]
■僕。さんへ

この外観はほんとに素敵ですよね!
これほどまでに行ってみたくなる外観はなかなか無いと
言いますか、店内が気になる外観はちょっと他に無いですよね(笑)。

チビッ子はなかなか入りづらいかもしれないですね…!
僕達が子供の頃にあった「からまれそうな怖いゲームセンター」
に見えるかも…、ですね(笑)。
2010/09/27 (月) 21:21:11 | URL | ニチオク #-[ 編集]
名古屋のレポート、ずっと楽しく読ませていただいております。

ああ、こういうゲーセンがまだ残っているのですね・・・
レゲーの入った筐体がずらりと並んでいる光景を見るだけでも心が洗われます。
北海道から帰ったら、ここに行く計画たてようかなぁ(*´ー`*)

話は少し関係ないかもしれませんが、
札幌でもレゲーを多く置いているゲーセンを見つけました。
ファンタジーゾーン・グラII・ドルアーガの塔などの他に
ファイナルファイト・天地を喰らう2・パニッシャー・バトルサーキット・
エイリアンvsプレデター・D&Dシャドーオーバーミスタラ、と
往年のカプコンベルトスクロールアクションが並んでいたのには感動しました(^^)。

2010/09/30 (木) 21:22:55 | URL | レッズ #-[ 編集]
■レッズさんへ

いやー、僕もこんなレトロなゲームセンターが残っているのには
ほんとに驚かされました…!凄いところですよね…。
ぜひとも一度訪れていただければ…!

おお…、札幌にそんな素晴らしいラインナップのゲームセンターが…!
カプコンのベルトアクション勢揃いな感じが僕好みです。
北海道のゲームセンターもいつか訪れてみたいですねえ…。
レトロなのに全国的にあまり知られていないゲームセンターなどが
たくさん眠っている、というイメージがあります。
2010/09/30 (木) 23:52:08 | URL | ニチオク #-[ 編集]
脱衣麻雀と聞いちゃ、黙っちゃいられねえ!
こんにちは。自称脱衣麻雀評論家のみぐぞうです。

エアロシティに入ってズラリと並んだ脱衣麻雀群、なかなかの圧巻ですね。しかもDYNAX作品だらけ。
「麻雀・大連荘」「麻雀・天開眼」は1980年代、JAMMAに加入せずに独自のルートで「色んな意味でヤバ過ぎる」脱衣麻雀を販売していた、わたくしの愛してやまないDYNAX社(現・テクノトップ社)の「素材使い回しの衰退期」に出した作品ですね。1990年代後期だったような気が。

テクノトップ社は名古屋に在住しているので、その影響があるのかも。

通路の奥にポツンと置いてあるのは「麻雀ファンタジック・ラブ」の素材使いまわしゲー「麻雀・聖龍伝説」か「麻雀・三銃士」と思われます。
http://www.youtube.com/watch?v=0vJxRqwiD-o

以前自分で撮った動画ですが、参考になれば…

その隣にひっそりと設置してある「りある麻雀ごーるど夢牌」は、セタのスーパーリアル麻雀PIIIのメダルバージョンでして、何故か発売メーカーがアルバになっていたという、謎の多いゲームです。1988年ごろの作品かな?
何故か数年前にヤフオクで新品の基板が何枚か出てきたという不思議なエピソードもあったりと。

いやーいいものを観させて頂きました。
実りある小旅行みたいで何よりです。お疲れ様でした。
2010/10/03 (日) 10:14:38 | URL | みぐぞう #-[ 編集]
■みぐぞうさんへ

脱衣麻雀評論家さんをお待ちしておりました!(笑)
この脱衣麻雀コーナーにいた時に、「ああ…、みぐぞうさんなら
これらの麻雀ゲームを御存知なのかもなあ…」と思ってたんですよね…。

それにしても、こんなピンボケ写真の奥のほとんど写っていない画面だけで
そこまで特定出来るんですか…!ほんっとにマニアですね…!驚きました…!
自称脱衣麻雀評論家から「自称」を抜いた方がいいと思います!
動画を拝見したのですが、まさしくこれですね…。

さすがみぐぞうさんですね、ここまで詳細に御存知だなんて…。
色んな意味でヤバ過ぎる脱衣麻雀を販売していたDYNAX社というのは
以前、ゲーム雑誌で特集されているのを読んだ気がします。

麻雀ゲームの事を知っていれば、この「UFO M1」を訪れた時に
もっと感動があったんでしょうね…。
2010/10/03 (日) 22:26:51 | URL | ニチオク #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。