世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
阪神百貨店屋上ゲームコーナー探訪 後編
hnoku123.jpg
前回は北側にあるゲームコーナーを探訪したわけなのですが、今回はそこを

出まして、乗り物や違う方のゲームコーナーを見ていきたいと思います。


hnoku124.jpg
まずはこの、子供が中に入って飛び跳ねて遊ぶバルーンですね。

これがあると無いとでは、デパート屋上らしさが変わってきますよね(笑)。

昔は、これの任天堂のマリオの形をしたやつをよく見かけました。


しかし先週、ワタクシ、この阪神百貨店屋上に行ってきたのですが、

なぜか無くなってました。

でも囲いだけは残ってましたので、もしかしたら補修か何かをしているのかも

しれないですね。


hanoku161.jpg
乗り物もレトロなものから新しめのものまでたくさん並んでいます。

いや~、いい風景ですよね…。

乗り物がいい感じなのですが、パラソルと柵が織り成すレトロ感にも

注目していただければ…!


hnoku125_20110227224731.jpg
あ、ちっちゃい子が乗る子供列車ですね。

こういうのを見かけますと、「ああ、デパート屋上だなあ…」と思います。

阪神百貨店ってこういう「デパート屋上にあるもの」が全部あるんですよね…。


baruuun.jpg
あ、でも、↑こういうアドバルーンが無いか…、と思いきや、最近でも

MBSの人気番組「ちちんぷいぷい」の企画した「ちちんぷいぷい物産展」

のアドバルーンが毎年のように上がってるらしいです。


ほんとにこの時代に奇跡のようなデパ屋ですよね…。


hnoku127.jpg
さあ、南側にありますもう一つのゲームコーナー前までやって来ました!

こういうテントのゲームコーナーって外から見ただけでも、ワクワク感が

止まらないです(笑)。


「中に何が置いてるのかなあ?」「あのゲームが置いてあったらいいなあ」

とか、そういうことを色々想像して期待しながら入っていく楽しさはちょっと

他の事では味わえない気がします。


hanoku150.jpg
中に入るとこんな雰囲気です。まあレトロです!

「『ドリームキャッチャー』あるところにレトロゲームあり」という法則を

提唱してきたうちのブログなんですが、ここに関してはもう、あるとか

無いとかのレベルを超えてますよね(笑)。

この1989年製の『ドリームキャッチャー』が新しいクラスに入りそうなほど、

レトロなゲームやエレメカが充実してます。


hanoku151.jpg
ゲームコーナーを奥へと進んでいきますと…、

出た!みんな、出たよ!

『アウトラン』と『スーパーハングオン』の筐体!!


hanoku163.jpg
(↑クリックで拡大表示します)

ちょっと一般的ではない特殊な形をした『アウトラン』の筐体と、

『スーパーハングオン』の筐体が古いテントに囲まれた空間に並べられてます。

最高のロケーション。


僕はよくサターン版の『アウトラン』をプレイするのですが、やっぱり

こういうところで筐体に乗り込んでプレイすると全然違うんですよね!


「俺は『アウトラン』の事はよく分かってる」という方、ぜひぜひここで

プレイしてみてくださいませ。

なんとも形容しがたい1980年代のバイブレーションを全身で感じることが

出来ます!


こういう「デパート屋上ならではのプレイ感覚」みたいなものは、

うちのブログとしましては、これからも御覧いただいているみなさまに強く強く

押し売りしていきたいと思います(笑)。


当然、『スーパーハングオン』のプレイ感覚もまたしかり、です。

心の時計をグッとあの頃に戻すことが出来ますよ!


hanoku166.jpg
こういうレトロなデパ屋のゲームコーナーで、

マジカルサウンドシャワー」が聴こえてくる…。

それだけでもうなんと言いますか、たまらない気持ちになれるんですよね…。

やっぱり当時のゲームBGMはこういうところで聴いてなんぼ、という気すら

してしまうほど、レトロ感に酔いしれることが出来ました。


残念ながら画面がかなりぼやけてしまってはいるのですが、そこは愛情でカバー!

そのぼやけ具合が逆に歴史を感じさせて、個人的にはグッときます。


考えてみれば、このアウトランの筐体が置かれたのが単純に発売年と同じ

1986年だとしますと、この筐体は25年もの間、この阪神百貨店の屋上に

あったと考えれるわけですよね…。

凄いことですよ…これは。


hanoku162.jpg
(↑クリックで拡大表示します)

その近くには『おしゃべりオーム』『ぴよぴよビンゴ』『タッチアクション』

『ポルル君の旅行』『ジャンピングラリー』などのエレメカが並んでます!


『ぴよぴよビンゴ』はそこそこ新しいですのでともかく、これだけのエレメカが

一列に並んでいるところなんて、全国的に見ましてもそうは無いですよね…。


『ポルル君の旅行』はミニドライブ系のエレメカでして、ベルトコンベア式に

コースが進んで手前の車をハンドルで操作するゲームなんですけど、

単純な様で意外と熱いです!おもろい!レトロ感も凄いです!


あと、『おしゃべりオーム』は遊んでいますと、夢中になってきて、両替した

10円玉があっという間に無くなってしまいました(笑)。

こういう単純にタイミングだけが求められるエレメカに弱いです(笑)。


hanoku159.jpg
そんなこんなでゲームコーナーを出たその横にはイベント用のステージなども

あります。


こういうところで昔はよくヒーローショーみたいなのをやってたりしましたよね。

7年ぐらい前にこことは違うんですけど、難波あたりでそういうヒーローショーを

見かけたんですけど、あれって大人になってから見ると、また違うところで

面白いですね(笑)。


小さい子たちに仮面ライダーが「みんなで声をそろえて○○を呼ぼう!」みたいな

ことを言ってるのに、全然子供達が言うことを聞かなくて、しまいには

仮面ライダーが「おまえら、いいかげんにしろよ?」って言い出して、

親御さんたちが爆笑、とかそういうのがありました(笑)。


hanoku160.jpg
こういうところの天井のテントの雰囲気もいいですね…。

いろんな人達がここのステージに、それぞれいろんな気持ちで上がって

いったんでしょうね…。


今でこそあまり聞かないですが、昔はこういうデパート屋上のステージで

かなり名前が売れてる芸人さんなども漫才とかしてたらしいですね。

僕はそういうのは見たこと無い世代なんですが、「やすし・きよし」とか

「明石屋さんまと島田紳助」とか、そういうのを見たという話を聞きました。


一回こういうところで漫才を見てみたいなあ、と思います。


hanoku157.jpg
それはともかくパンダの乗り物。

やっぱりこれが無いと、デパート屋上っていう雰囲気が出ないですよね(笑)。

これって大人が乗っていいのかどうか知らないんですが、たぶん駄目ですよね?

あ、いや、OKだったとしても乗る勇気はちょっと無いですけどね(笑)。


hanoku158.jpg
幼児が安全に遊べるように囲いがある乗り物コーナーもあります。

カラフルなパラソルがあって、ベンチがあって、大人に見守られながら

ちっちゃい子たちがキャッキャ言って楽しんでる…、

もう他に何もいらないと思えるほど平和な風景ですよね…。


hanoku152.jpg
(↑クリックで拡大表示します)

この阪神百貨店の屋上はほんとにパラソルが多くて賑やかな雰囲気があって

良い感じです。

あと、飲食店もありまして、そこで買った食べ物や百貨店内で買った食べ物などを

たくさん並んでいるテーブルで食べたり出来ます。

何年か前にTVでこの屋上が映った時、ダウンタウンの浜田さんと東野幸治さんが

ここでイカ焼きを食べてました(笑)。


hnoku126.jpg
そんなこんなでそろそろおいとましたいと思います。

いや~、梅田の高層ビルに囲まれた楽園でした…。

前回同様で、今回も僕が見てきた以外にも他に色々とエレメカがあったりします。

まだまだ幻想たっぷりの空間ですので、ぜひ訪れていただければと思います。


hanoku165.jpg
屋上の雰囲気に名残惜しさを感じつつエレベーターで帰ります。


あと、ここのエレベーターなんですが、百貨店内の一番奥にありまして、

普通に大阪駅から陸橋づたいに来ますと、もの凄く上品な化粧品売り場などを

通らなければならないですので、屋上に来られる際は、怪しまれないように

「奥様のプレゼントを買いにきた顔」で通り抜けてくださいませ(笑)。

 

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。