世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メガCD版『ナイトストライカー』に見る家庭用ゲームと業務用ゲームの差
メガCD版『ナイトストライカー』

上の画像のメガCD版『ナイトストライカー』もまた方法を変えることで
移植を成功させたゲームでした。

色んなゲームがアーケードから家庭用ハードに移植されたものの、
アーケードのプレイ感覚がそのままというゲームは少なく、
移植されたゲームを家でやりこみ上手くなればアーケードでもそのまま通用する、
というわけにはいかないゲームがほとんどでした。

しかしこの『ナイトストライカー』は、
本来ならメガCDでは移植不可能なゲームであるにもかかわらず、
あえてグラフィックを粗くすることによってアーケードのプレイ感覚を
実現させた面白い試みでした。

こういう変化球みたいな移植方法、人を選ぶとは思いますが僕は個人的に大好きです。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。