世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1991年セガ『ラッドモビール』
『ラッドモビール』は1991年にセガから発売された業務用大型筐体レースゲームです。
当時、そこそこ大きなゲームセンターなら必ずと言っていいほど置いてありました。

ラッドモビール筐体

上の画像の筐体に乗り込み、ロサンゼルスからニューヨークまでの全20コースをライバル車と競争しながらノンストップで走りきるレースゲームで、細部の演出にいたるまで本当によくできたゲームであったにもかかわらず、現在なぜかあまり名作として語られることはありません。

ラッドモビール(1)

その理由を考えてみたところ、

第一に、「セガサターンにアレンジ移植された粗悪な『ゲイルレーサー』のイメージを持ったまま評価されている。」ということがあげられます。
セガサターンの『ゲイルレーサー』は本家の『ラッドモビール』と比べると酷いものなのですが、これとそんなに変わらないものと誤解されているように思われます。

ラッドモビール(2)

第二に、「いわゆる『エミュレータ』でプレイした人の評価の低さ」があげられます。
このゲームは同様で評価の高い『アウトラン』以上に筐体でプレイしないと分からない面白さを持ったゲームで、エミュレータでプレイするには少し無理があると思われます。

ラッドモビール(4)

第三には、「レースゲームにしては少し簡単すぎる」ということがあげられます。
誰でも要領さえ分かっていれば簡単にワンコインクリアできてしまうのはレースゲーム初心者には嬉しかったのですが、レースゲームにしてはレース性に乏しく、そういうゲームは得てして評価が低いのが常のようです。

ラッドモビール(5)

第四には、「出てくる車が少し現実離れしていて、あまりデザイン的にもよろしくない」ということがあげられます。


結局のところ、この『ラッドモビール』はレースゲームとして評価されるのではなく、風景や演出を楽しむドライビングゲームとして評価されれば、もっと評価が高かったのではないかなと思います。

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
ラッドモビールと聞けば
どうしても今は亡き近大前のUFOを思い出します…

というのも、ラッドモビールは発売と同時にDX筐体がUFOに入荷し
しかも1プレイ20円という鉄の掟を貫き通していたんです。

余談はさておき
確かにこのゲームは筐体で遊ばないと
その面白さは全くわかりませんよね
まさかハンドル横にワイパーボタンやヘッドライトボタンが付いてるだなんて
エミュで遊んだ人は絶対気付きませんw

あとは比較的派手に動くムービング筐体特有の
「ゲームオーバーになって筐体から降りた瞬間のフラフラ感」
これも実機でないと味わえない感覚ですよねw


演出面も明らかに他のレースゲームとは全く違っており
やたらバンクの付いたカーブから始まり
正面衝突した時の激しいクラッシュ
谷から落ちた時にフッと感じる浮遊感と絶望感
背後から迫ってくる列車に追われつつ走る緊張感
パトカーに追い詰められ、ボンネットをヘコまされる屈辱感

そして衝撃のエンディング…

あぁぁぁ、もっかいラッドモビールやりてぇぇ!!!
2010/08/19 (木) 13:55:16 | URL | れみぃ #-[ 編集]
■れみぃさんへ

れみぃさん、ラッドモビールをよくやりこまれてますねえ!
僕もたいがいやりこんでましたので、懐かしさを感じられている
ところが僕と全く一緒で嬉しいです!

UFOにラッドモビールが置いてあった時代があったんですね!
しかも20円ですか…。いいゲームセンターでしたね…。
そういえば、UFOはエアラインパイロッツの3画面筐体が
置いてあったりしましたし、割と狭い店舗ながら
意欲的にそういうことをやってたんですね…。
無くなってしまったのが残念です…。
2010/08/19 (木) 21:55:08 | URL | ニチオク #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/06 (水) 20:22:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。