世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SNK『バーニングファイト』
バーニングファイト

初めてこの『バーニングファイト』を見かけたときの第一印象は、
「なるほど…、そりゃ、やるよな…」
という感じでした。

『ファイナルファイト』の大ヒットを他のメーカーが指をくわえて見ているだけというわけがなく、他のメーカーも似たようなものを作ろうとするのは必然なのですが、SNKという会社はその中でも群を抜いて腰が軽く、あっという間に作り上げては発売していました。

だからと言って、僕は今も昔もSNKに反感は持ちませんでした。むしろ、主にカプコンなどからヒット作が出るとそれをSNKがどうアレンジしてくるかを見守るのが楽しみでした。

この『バーニングファイト』も、ただ単に『ファイナルファイト』を真似するのではなく、大阪を舞台にするという面白さが盛り込まれており、「ファイナルファイトを真似したつまらないゲーム」として簡単に見放すには惜しく、どこか気になる存在でした。

事実、1990年前後にここまで凝ったグラフィックで大阪の街を再現したゲームも珍しく、今となってはその文化的価値も含めて一つの良作と言える…かどうかは分かりません(笑)

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。