世界で一番弱い人
大阪のデパート屋上やレトロゲームセンターの話が多いです。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マジックソード』 1990年カプコン
マジックソード(1)

1990年にカプコンから発売された『マジックソード』は、単によくできたアクションゲームであるということだけでなく、全編にわたって統一された重厚なグラフィックが安定した隙の無いファンタジーの世界観を作り上げることに成功しており、カプコンが当時持っていたポテンシャルの高さを余すところ無く見せ付けた職人的つくりの素晴らしいゲームです。

発売当時小学生だった僕にはとても難しくなかなか先に進めないので、上手なゲーマーのお兄さんがプレイしているのを後ろからよく眺めていました。しかし、細かいところまで本当に良く出来たゲームだったので見てるだけでも十分に楽しかったのを覚えています。

しかし、たった一つだけ残念だったのは、ラスボスのインパクトが弱いことでした。もし、『大魔界村』の「ルシファー」のようなインパクトのあるラスボスが登場していたら、『マジックソード』はもっと名作として扱われたのではないかと思います。

それと、SFC版『マジックソード』のカプコンらしからぬ出来の悪さは、同時期に作られていたSFC版『ストリートファイターII』を移植するのにカプコンが全力を注いでいた為で、あれはとても残念でした。しかし、SFC版はゲーム部分こそ良くはないものの、BGMはアーケード版とは違う独特の雰囲気があって僕は好きです。

マジックソード(2)

テーマ:レトロゲーム - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 世界で一番弱い人 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. | Template by Gpapa.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。